何をやめて、何をするか?さっさと決断しよう!

成長するためには、長い間やってきたことをやめなければならない。(ジョン・C・マクスウェル)

スクリーンショット 2016-04-07 6.40.44
昨晩は、取締役をつとめる会社の社長とミーティングをしたのですが
その際「変化することの重要性」が話題になりました。
ジョン・C・マクスウェルが、指摘するように何かをやめない限り
私たちは変化できませんし、成長もできません。

現代社会は、常に激しいスピードで「変化」しています。
立ち止まった瞬間に、私たちはおいてけぼりにされてしまいます。
世の中の流れに取り残されないために、その変化にしっかりと対応しなければなりません。
今の生活に安住して、同じ選択を続けると未来に変化を起こせません。
いずれ苦しむタイミングが訪れ、後悔することになるのです。
さまざまなニュースにアンテナを張り、好奇心を失わないようにしましょう。
自分の頭で考えなくなると、やがて時代に取り残されてしまいます。

自分で自分の決断を支配できるようになると、結果も支配できるようになり、以前にも増して思いどおりの結果を生みだせるようになる。自分の決断を支配できれば、自分の人生を前に進めていける。支配できなければ、自分の身に起きることを管理するだけの人生になる。(スティーブ・マクラッチー)

変化するためには、自分が何をしたいかを明確にし
動くことを決めなければなりません。
自分で自分をコントロールできるようになるのです。

自分の時間を「何ものにも代えがたい貴重な資源」と
捉えるようになるとその価値に気づけます。
自分の時間を使って何かをするという決断は
自分の優先順位を表すものであり、ここから結果を生み出せるようになるのです。

変化を決断し、動くことを習慣化することで
自分の時間をコントロールできるようになり
私たちは未来をワクワクなものに変えられます。
スティーブ・マクラッチー決めるには、そのためのヒントが満載されています。

先延ばしをやめて、今すぐ行動すべきだということが実感できます。 先送りグセがある人の頭のなかは「しなくてはいけないこと」でいっぱいで、「やりたいこと」について考える余地はない。

自分の頭の中身を変えない限り、新しいことにはチャレンジできません。
本当にやりたいことを書き出して、やらないことを決めない限り
私たちは、自分の時間を取りもどせないのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

photo credit: Rainbow covenant via photopin (license)

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 生産性向上 名言 その他 ブログ アイデア クリエイティビティ トレンド ライフハック
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました