• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ここに重大な事実がある。潜在意識は与えられた命令に絶対服従する。ただし、その命令が潜在意識に受け入れられるためには、それを何度も繰り返さなければならない。(ナポレオン・ヒル)


photo credit: ruimc77 Pôr do Sol via photopin (license)

ナポレオン・ヒルは、思考は現実化するのなかで
忍耐力を鍛える8のつの要素を分析しています。
この8つをクリアできれば、成功する確率が高まり
私たちは豊かになれるのです。

1、目標・願望の明確化
あなたが何を望んでいるかをはっきり知ることだ。これが忍耐力を養う最も重要なステップである。強力な動機づけこそ、困難を克服する力の源泉となる。
2、強いエンスージアズム(熱意)を伴った目標実現
意欲あなたの熱意を、周囲が燃え出すほどに高めれば、 忍耐力を発揮することは、少しも難しいことではなくなるものだ。
3、自信 あなたの脳力を信じること。そしてあなた自身の価値を信じることだ。自信が勇気と忍耐力をもたらす。
4、計画の明確化
計画をきちんと立てること。そうすればやがて忍耐力が養われてくる。
5、正確な知識
あなたの経験、観察をもとにして計画を立てること。この正しい知識を使わず、単なる憶測や推察だけの知識で判断することは、忍耐力をたちまち破壊してしまうことになる。
6、マスターマインド 人々に対する思いやりと理解と調和のとれた協力心(このことを「マスターマインドの心」と呼ぶ)、これはあなたの忍耐力を強化させる。
7、意思の力
明確な目標に対して常に心を集中する努力は、優れた忍耐力を開発する。
8、習慣
忍耐力は習慣の結果である。だから忍耐力を習慣として身につけるようにしなければならない。そうすれば、恐怖という最大の敵でも、あなたが勇気ある行動を繰り返すことによって打ち負かすことができるのだ。

自分の目標を明確にし、それをプランニングするのです。
目標にデッドラインを設け、そこから逆算し
今何をすべきかを決め、すぐにアクションを起こします。
自分の力を信じ、パッションを持って行動することで
やがて、あなたを強力にサポートしてくれる応援者が現れます。
日々、自分のビジョンを確認し
ワクワクな気持ちをキープできれば、行動を習慣化できます。

ナポレオン・ヒルは忍耐力を身につけるためには
4つのステップを乗り越えるべきだと言います。

忍耐力を身につける4つのステップ
1、燃えるような熱意に支えられた明確な願望や目標を持つこと。
2、明確な計画を立て、それを着実に実行していくこと。
3、親戚、友人、周囲の人たちの否定的な、あるいは意気消沈させるような意見をきっぱり拒絶すること。
4、目標と計画に賛成し、激励してくれるような人を1人、あるいはそれ以上の人を友人にすること(マスターマインド)。

自分のやりたいことを表明するとドリームキラーが現れ
あなたの夢が馬鹿げていると否定しますが
ここであきらめてはいけません。
行動を続けていれば、やがて理解者や応援者が現れ
あなたの夢を叶えるサポートをしてくれます。

明確な目的意識を持ち、強い願望を抱くという日々の習慣は
粘り強さを身につけるためにもっとも重要なことなのです。
不運な目に遭った時にも、未来志向で行動すべきです。
失敗を糧にそれを授業料として、未来の幸運を手に入れるようにしましょう。
要は、失敗しても諦めないことが肝心なのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一流の人に学ぶ「思考を現実」にする方法 [ ヴィック・ジョンソン ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/20時点)

Googleも失敗を重ねている!

現代でも、成功者は失敗を繰り返しています。
例えば、Googleはとても忍耐力のある会社で
多くの失敗にもめげずに、いつもチャレンジを続けています。
Googleの強さをワシントンポストの記事から引用します。

Googleは成功を重視するあまり、失敗を無視しているようだ。失敗を恐れない社風は、グーグルに浸透している。グーグルの社員は、型破りで野心的なアイデアを提案するよう奨励されている。そして管理職は、チームにそのアイデアを試すよう依頼する。

Googleは多くのアイデアを宝くじのチケットのように考えています。
大ヒットするアイデアはごくわずかでしかなく
誰も5年後に何が大ヒットするのはわかりません。
どれがあたりの宝くじか誰にもわからないことを
グーグルの経営者も社員はよく理解しているのです。

何度も失敗しなければ、一生懸命に挑戦しているとは言えない。しかし、失敗しても不名誉というわけではない。当社ではうまくいかなければ、すぐに気持ちを切り替えて前に進むよう従業員を励ましている。(リチャード・ホールデン)

Googleでは失敗が名誉なことだたと考え
リーダーが社員を励ましているのです。
ナポレオン・ヒルが指摘しているように
応援者や理解者が忍耐力を鍛え、成功をサポートしています。

失敗しても自分は失敗者ではないと思えるようになると人は強くなります。
自分の失敗を認めるとそこから教訓を学べるようになります。
目標達成のために、失敗を乗り越え、前進できれば
必ず光明が見えてくるはずです。

まとめ

成功するためには忍耐力が欠かせません。
ナポレオン・ヒルの忍耐力を養う8つの要素を理解し
行動を続ければ、成功する確率を高められます。
成功までの道のりには多くの障壁があります。
たいていの場合は、失敗を繰り返しながら成功を手に入れるのです。
失敗にこだわることをやめ、そこから学ぶことが重要です。
成功に意識を向け、パッションを持って、行動を続けていれば
やがて、応援者が現れ、目標を達成できるようになります。

参考図書 ヴィック ジョンソン一流の人に学ぶ 「思考を現実」にする方法

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る