朝晩の30分を充実させると人生をワクワクに変えられる!

習慣化

1日の中で最も重要な1時間は起床前の30分と就寝前の30分である。この時間帯は潜在意識の感受性が非常に強いので、そのときにどんなことをするかはとても大きな意味を持つ。(マーク・レクラウ)


photo credit: MrJamesBaker University via photopin (license)

朝晩には自分との対話の時間を持とう!

スティーブ・ジョブズビル・ゲイツも朝時間を大切にしていました。
朝は誰からも邪魔されないので、クリエイティブな時間を過ごせます。
一日を創造的にスタートすることで、結果を残せるようになるのです。

1日のスタートの切り方によって、その後の展開は大きく変わります。
もしも、1日の初めでつまずくと、その日を台無しにしてしまいます。
多くの人は起床後にバタバタな時間を過ごします。
いつもストレスをため込んでいるのは、朝時間の過ごし方に問題があるのです。

では、どうすれば充実した朝時間を過ごせるようになるのでしょうか?
当たり前ですが、早起きを習慣化しなければ、朝はバタバタします。
それ以外に自分をよくする朝の儀式を作ることが大事だと
マーク・レクラウは指摘します。
朝の儀式には次のようなものがあります。
●ポジティブに考える
●5分間、感謝していることを思い浮かべる
●15分間、静かに過ごす
●今日は素晴らしい1日になると想像する
●日の出を見る
●ジョギングか散歩に出かける
●日記をつける
私は毎朝神社にお参りし、その日の予定を思い描き
成功している自分をイメージするようにしています。
不思議なことにそのイメージ通りに物事が運ぶようになったのです。

1日の終わりの30分も朝と同じくらい重要だとマーク・レクラウは言います。
就寝前にすることは睡眠中も潜在意識に残りますから
翌日に影響を及ぼすのです。
その日をよい状態に終わらせるためには、夜の儀式も重要です。
この時間帯の儀式としては、次のようなものがあります。
●再び日記をつける
●1日を振り返り、どんな素晴らしいことをしたか
どうすればもっとよくできるかを考える
●翌日の計画を立て、「明日、すべき最も重要なことは何か?」と自問する
●翌日の「やることリスト」をつくる
●自分の理想の1日を思い描く
●意欲がわくプログ、記事、本を読む
●元気が出る音楽を聴く

翌日の計画を立てて、すべきことを確認することで
頭の中を楽にできますし、時間を節約できます。
自分がすべきことを潜在意識の中にすりこむことで
翌日の作業が大いにはかどるようになります。

ネガティブな情報や不安な気持ちにならないようにすべきです。
私はその日に出会った全てを思い出し、感謝するようにしています。
感謝することで、気持ちが落ち着き、よい睡眠を得られるようになりました。
翌朝、それを感謝日記に書くことで、気持ちよい朝をスタートできます。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

習慣を変えれば人生が変わる [ マーク・レクラウ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)

イメージの力が目標達成を後押しする

自分がすでに目標を達成している姿を見よう。それを自分の目で見ながら、音や匂い、手触りなど他の感覚でもイメージする。 感情移入をすればするほど、インパクトが強くなる。これを毎日15分すると、やがて大きな成果が得られる。

マーク・レクラウは自分が目標達成している姿を
絶えずイメージするとよいと言います。
五感を使って、成功のイメージを潜在能力に刷り込むことで
脳がそれを実現したと勘違いしてくれます。

朝晩の儀式にこのイメージトレーニングを取り入れるのです。
目標を言葉とイメージで表現し、それを日々確認します。
私は逆算手帳のライフビジョンに自分の成功イメージの写真を貼り付けています。
仕事だけでなく、プライベートや健康などの目標をバランスよくビジュアル化し
それを日々確認することで、思考と行動が変わり、人生をより豊かにできました。
このライフビジョンの刷り込みによって
積極的に行動できるようになり、目標達成のスピードが加速しています。
毎日、起床後と就寝前の5分間でライフビジョンを見て
自分がその目標をすでに達成している姿をイメージするのです。
この朝晩の儀式によって、ワクワクな一日を送れるようになります。
逆算思考のPDFをプレゼントしています。ぜひダウンロードください。

まとめ

朝晩に自分との対話の時間を増やすことで、結果を出せるようになります。
朝と晩の30分を有意義に過ごすために、自分の儀式を明確にするのです。
私は逆算手帳のライフビジョンを使って、日々、成功イメージを確認することで
ワクワク感を保ちながら、行動できるようになりました。
目標を達成するために、自分がやりたいことをイメージにして
それを毎日確認することを習慣に取り入れてみましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
逆算手帳の関連記事はこちらから
参考図書 マーク・レクラウ習慣を変えれば人生が変わる 
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント