• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

童話の世界だけでなく、現実の人生も同じだよ。1人を喜ばせようとしたら花が咲き、自分の利益のためにしたら、災いが起こる。竹田和平。(竹田和平)

photo credit: Ryan Dickey via photopin (license)

利他の心が大切!

人生とお金の道を極めた竹田和平の人生訓を再読しています。私たちは子供のころ、童話の中で人に優しくした人が幸せになると教えられてきました。しかし、大人になるに連れ、利己的な考えに支配され、自分が儲かるかどうかで物事を判断するようになりました。竹田氏はそんな風潮の中、目先の利益のために行動することに疑問を呈しています。

私たちは一人の力をで生きているわけではありません。日々、誰かのサポートを受けながら暮らしているのですが、それを忘れてしまいがちです。自分にフォーカスするのをやめて、感謝の気持ちを持って、周りを見回すとおかげさまの気待ちを取り戻せます。人を喜ばすことを意識すると幸せになれるのです。物事すべてに感謝の気持ちを表し、世のため人のために生きていけば、自分の力を発揮できるようになり、周りの人から感謝の言葉を受け取れるようになります。花咲爺さんのように人を喜ばすこと、利他の心で行動することが幸せになるための秘訣なのです。迷った時には人が喜び行動をこころがけるとやがては良いことが運ばれてきます。

貯徳体質を目指そう!

「徳」とは人を喜ばせることだと僕は思っている。人が喜べば、喜びが返ってくる。

人を喜ばせることが徳だ」と竹田氏は言います。お金を貯めるように徳を貯金するように増やしていく「貯徳」を心がけることで、喜びが返ってきます。周りの人に感謝し、その人たちを日々喜ばすことを考え、行動すれば、運を高めることができるのです。電車でお年寄りに席を譲る、笑顔で周りの人に挨拶する、ありがとうと感謝の思いを伝えるなど小さな行動でも構わないので、まずは真心をもって、人を喜ばせることから始めればよいのです。こういった小さな行動の積み重ねで、少しずつ徳が蓄えられ、貯徳体質を身につけられます。 自分のためよりも人のためを少しだけ優先すること、思いやりを忘れずに生きることを忘れないようにしたいと思います。

常に周囲を肯定し、ありがとうという気持ちを持っていれば、運はついてくる。自分を愛してくれる人が多いことこそが、幸運というものの真の姿だと思います。

花咲爺さんのように感謝の念を持ちながら、希望の種を蒔ける人になりたいですね。周りの人に希望を与えられれば、人は安心し、元気も生まれます。人を喜ばすことで周りに人が集まってきます。これこそが幸せになる秘訣なのかもしれません

まとめ

物事は自分のためではなく、人のためを優先すべきだと竹田和平氏は言います。自分のためを後回しにすることが成功の秘訣です。周りの人を喜ばす貯徳体質を身につけることで、運気を高めることができるのです。人を喜ばすための小さな行動を日々心がけることで、私たちは幸せになれるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

       

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る