The 2009 Digital Hot Listが先週発表された。

Mediaweekが毎年発表しているDigital Hot List2009年版が先週に決まった。1位と3位は順当にFacebookとTwitterが受賞している。もう私にとっては2009年はtwitter一色だったので、個人的にはTwitterを1位にしたい。また、普通の日本人にはまだ馴染みのないが、ここ数年アメリカで存在感を示してきたHuluやHuffington Postがランクインしてきている。特にHuluはオンラインビデオ広告費の20%を占めたとのことだ。オンラインビデオ広告ではYou tubeとの熾烈な戦いが今後予想される。

以下ベスト10にランクインされた企業。
1.Facebook
2.Hulu  動画配信サービス
www.hulu.com/ 
3.Twitter
4.Google
5.iPhone
6.Huffington Post  リベラル系ニュース集約サイト
www.huffingtonpost.com/ 
7.Bing
8.WSJ.com
9.Federated Media   広告ネットワーク
federatedmedia.net/ 
10.AddictingGames   Flashゲームポータル
www.addictinggames.com/


この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント