米粉パンの学校給食

娘の学校では米粉パンが定期的に提供させているとのことだ。調べてみると新潟県では年間500万トンの輸入小麦粉の10%を米粉に置き換える計画をスタートしたとのことだ。さすが米どころ新潟県!
以前ローカル番組でオンエアーされていたが、その新潟では、ラーメン作りも米粉でチャレンジしているとのこと。ラーメンにまで米粉と言うのも凄い発想だが、実際TVで見る限りは美味しそうだった。実はこの米粉使用で、世界中でもっとっも食料自給率の低い先進国日本の数字がアップすることが可能らしい。農林水産省は米粉の増産支援に乗り出し(減反政策と矛盾しないのか!!)、4月には米穀の新用途への利用の促進に関わる法律を成立させた。うまく運用されて、輸入小麦の10%が国産の米粉に置き換わると、問題の食料自給率も2%アップするとのことだ。日本の農業を救うためにもこの米粉プロジェクトを是非成功させたい。
子ども達の給食での米粉利用も当然だが、日本の宝の米をもっと食べる機会拡大のために、大人の我々も積極的に米粉を食べたほうが良さそうだ。東京でおいしい米粉を食べられる店があれば、どなたかご教授ください。

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント