ロバート・コンクリンの「説得力」、他人から理解されるとに飢えているのだ!

ブログ
「人にはみな、それぞれの事情がある。
人間関係をよくするには、相手を理解することから始まる。

人々は、他人から理解されることに飢えているのだ。」
リーダーシップの専門家のロバート・コンクリンの言葉には
響くものが多く、コミュニケーションを考える際に勉強になります。
コンクリンの「理解されることに飢えている」と言う指摘は鋭いですね。

コンクリンの書籍説得力―敵を味方にする法には、
相手の立場に立ったコミュニケーション力で
敵すらも味方にできることが、わかりやすく書かれています。

人間関係で悩んでいる時は、大概自分のことを棚に上げて
もめている相手を悪く思いがちです。
よく考えてみれば、相手も同じことを考えている可能性が高いのです。
少しだけ、相手の立場に立って、態度や物腰、言葉を変えるだけで
コミュニケーションは上手く行くかもしれません。

先日もこのブログで紹介したのですが
コミュニケーションに行き詰まった時には
コンクリンの次の言葉を思い出すようにしています。
「人と人との間に起こる問題のほとんどは、
 誰しもがまず他人を変えようとするところから発生するのです。」
多くの人が他人から理解されることに飢えているのだとすれば
自分のスタイルを変えて、相手の話をじっくり聞くのが
正しいアクションかもしれません。

最近では、リアルだけではなく
ソーシャルのコミュニケーションでも、相手の言葉を聞ける時代です。
ソーシャルメディアと言うツールも積極的に活用して
良い人間関係を築いていければと思います。

そのリスニングを通じて、自分の言葉や態度で
相手を笑顔になってもらえうように
もっともっとコミュニケーション力を鍛えたいと思います。
書籍説得力―敵を味方にする法には
コミュニケーション力アップのためのヒントが満載です。
 
キーマンズネットのアプリ記事連載(Evernote)です。 
オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから   
 
 

Loading Facebook Comments ...

コメント