他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。

ブログ

カナダの精神科医のエリック・バーンの名言を
連休最終日の5月6日に思い出しました。
「人類永遠の課題は、起きている時間をどのように構成するかである。」
私は数年前から早起きを徹底して、朝時間を活用するようにしています。
朝活に参加したり、 ブログやソーシャルメディアでの
情報発信を心がけるようにしています。
今日はそのキッカケについて書いてみようと思います。

起きている時間は一日16時間、仕事や食事の時間を除けば
ほんの数時間しか自分の自由にはならないのです。
ですから数時間の構成を自分で意識するか、しないかで
人生を大きく変えることが出来るかもしれません。

44歳の6年前に一番大事だったお酒を止めて以降
私の時間に対する考え方は大きく変わりました。
二日酔いがなくなった朝や、夜の帰宅時も素面でいる時間を見つけたことで
私の中で時間に対する価値観が全く変わったのです。

飲んでいるときは2時間を無為に過ごすことが多かったのですが
時間の価値をしっかり認識した今では、5分、10分といった隙間時間でも
何かやれるのではないかと考えるようになり、すぐに行動を起こすようになったのです。

また、行動だけでなく、それを習慣として、定着させるようにしたのです
お酒を飲まないことを習慣化した後に気付いたのですが
悪い習慣を止めるには、自分のチカラで良い習慣に置き換えるしかないのです。
例えば、居酒屋の飲み会をカフェでの朝活ミーティングに変えることによって
朝のコミュニティと読書とプレゼン能力を手に入れることができたのです。
お酒を止めることで夜時間を朝時間にシフトすることで
私の人生はインプットとアウトプットが充実するようになったのです。

また、このブログを毎日書くことを決めたお陰で
日々の隙間時間をしっかりコントロールするようになったのです。
どんなに短い時間でも、ネタ探しのインプットに活用したり
iPhoneでのブログの下書きなど、アウトプットに使うようになったのです。
Bloggerというアプリを使っています。)

この習慣化でなんでも「すぐにやる」癖がついて
タイムマネージメントの考え方が変わりました。
いつでもどこでもブログを書いたり、読書ができるように
今では鞄の中に常時MBAとiPhoneとiPad、そしてKIndleを持ち運んでいます。

そして、その結果が書籍の出版や雑誌の連載に繋がっているのです。
隙間時間を使った情報発信のお陰で私の人生は本当に変わりました。

冒頭のエリック・バーンにはもう一つ有名な名言の
「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。」があります。
本当に自分と未来はちょっとした時間のコントロールと習慣で変えることが可能です。
今日も私はそれを信じて、自分の人生を変えていきたいと思います。

サトカズさんとのコラボセミナーのご案内です。
書籍ワーク・シフトを羅針盤にして、皆さんとご一緒に
新たなビジネスコミュニティをこのセミナー発で作りたいと思います。
ソーシャルメディアとリアルのコミュニティを
活用したワクワクのセミナーになっています。

次回2回目のセミナー開催は5月16日木曜日19時からです。 
今回のテーマはソーシャルメディアだけでは駄目、
コミュニケーションミックスでビジネスを成功しよう。」です。
ぜひご参加ください!
セミナーの詳細はこちらをご覧ください

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから
キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)
オルタナティブ・ブログ
ソーシャルおじさんのFacebook
占いアプリ「激的中!天使占い」をプロデュースしました!
Photo Credit http://www.flickr.com/photos/mangee/163214138/

Loading Facebook Comments ...

コメント