Focus=やらないことを決めるが基本 ブログを書くためにTVを積極的に見るのをやめた。

ブログ

私はやりたいことが日々増えていく欲張りおじさんなのですが
時々軌道修正しないと時間がいくらあっても足りません。
アウトプットや新しいプロジェクトをスタートする際に
一つだけ意識していることがあります。

それは選択と集中です。

自分のビジネスに全く関係のないアウトプットはやらないようにしています。
ブログなども実は本業のコミュニケーションデザインに
絶対に必要だと思っているから毎日書いているのです。
オウンドメディアであるブログを書いていない
コミュニケーションコンサルなんて誰も信じてくれないですよね。

Google+が今後パワーを持つ数年後には
間違いなくコンテンツが大事だという思いから日々継続しているのです。
当然、書く時間を作り出すためにはトレードオフが必要です。
私の場合は、ブログを書く時間を作り出すために
受動的なメディアであるTVを積極的に見ることもやめてしまいました。

書籍やWEBやパートナーとの交流からの気付きやインプットを
ブログでアウトプットする方がTVを見るより
遥かに自分には価値があると思ったからです。
ブログにFOCUSすることで、古い習慣をいくつか捨てさったのです。
受動的であるより、ポジティブに動くことを選んだのが2年半前のことです。
TVを見なくなって、一日2時間は自由にできる時間が作れました。

『新しいことを始めるには「やめることを先に決める」ことである。』
梅田望夫氏が言っていますが、新しい時間を作り出すためには
やめることにFOCUSするのがよいと思います。
必要のないものをリストアップすると無駄が必ず見つかるはずです。
惰性で続けている悪習慣はやめても問題ないでしょう。
きっとそうすれば頭もすっきりするはずです。


また、ブログの内容も読者の方をパーソナルブランディングや習慣化で
悩んでいるビジネスパーソンの方と設定しているため
そのテーマに基づいたコンテンツに集中しています。
いくらイタリアンや音楽が好きでもブログには極力書かないようにしているのです。
私のビジネスに関係ないことはブログでは書かない。
こうすれば書くテーマで悩まなくてよくなります。
テーマを広げるから、迷いが生じるのだと思います。

Facebookなどの友人との交流のためのソーシャルメディアでは
そういった趣味などの情報は書きますが
あくまでブログはビジネスでの出会いを
デザインするためのものと割り切っているのです。

それでも、迷いが生じた時には何にFocusするかを再度整理します。
時には継続していたことでも、やめたり、捨てたりしないと
新しいことにチャレンジできません。
新しい時間や習慣を作り出すためには
古い習慣でよくないものを見つけ、それをやめることが近道かもしれません。

本日18日のソーシャルおじさんのセミナーPOWERFUL NIGHTでも
おじさん世代のソーシャルメデイアを活用したパーソナルブランディングについて
徹底的に解説いたします。今回はGoogle+とブログのお話もしたいと思います。
無名の会社員だった私がこの2年でどう変化したかをわかりやすくお話しします。
次回7月18日がその最終回、ぜひご参加ください。
セミナーのお申し込みはこちらから

36歳からはじめるソーシャルメディア おじさんだからこそ実現できる!Facebook7つの夢の実現法と10の活用テクニック!という電子書籍ですが 
15号の新井浩之さん28号のサトカズ(佐藤和則)さんと私の3人の
ソーシャルおじさんズのコミュニケーション・ノウハウや体験談を徹底公開しました。

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから


 
Photo Credit http://www.flickr.com/photos/zanotti/324894615/

Loading Facebook Comments ...

コメント