Where To? このアプリさえあれば、もうどこに行くかで悩まない! #iPhone

Where To?ーこれから行く場所をお探しします。
現時点で最強のナビゲーションアプリだと思います。
UIもよく、行きたい場所を探すときには、これさえあればOKという感じです。

近所のATMを探したい?警察はどこ?など行きたいところがあれば
このアプリに確認すれば、すぐナビしてくれます。
特に、Where To?の優れている点は直感的に行きたい場所が見つけられることです。

アプリのトップページのサークル内をタップするとカテゴリーが表示されます。
現在地から近い飲食店を探したい場合は、フォークとナイフのアイコンをタップすると
サプライズ料理のカテゴリーが表示されます。

サプライズをタップすると、アプリがランダムにお店を探してくれます。
思いもよらない結果によって新しいお店との出会いがデザインできるでしょう。
いつも同じお店ばかりでは、脳も刺激を受けません。
新しい体験をするこことで、人生はよりアクティブになるはずです。

好きなジャンルの料理を選ぶと、現在地の近くの店舗がマップに表示されます。

地図に表示されたお店をタップすると、営業時間などの店舗情報と
現在地からの距離が表示されます。
また、店舗情報下の→アイコンをタップすると経路表示もできますので、
初めて行くお店でも安心して使えます。
電話のアイコンをタップすれば、予約電話がかけられるなど
このアプリだけで多くのことが解決します。

注射器のアイコンで病院やジム情報
カメラアイコンでプールや温泉などのアトラクション情報をチェックでします。

ショップや学校、病院、警察署などの情報も充実しています。
私はこのアプリをイエローページがわりに最近では使っています。
どこにいても、行きたい場所についての情報を調べられるのは本当に便利です。

Where To?ーこれから行く場所をお探しします。
「2014 Best App Ever Awards」の「Best Travel App」部門の
アワードを受賞しているアプリです。

300円の有料アプリですが、この金額を払ってもよい価値あるアプリだと思います。
とにかく、UIがよく、使っていて楽しいのが魅力なナビアプリ。
ぜひ、Where To?を活用して、新しいお店との出会いをデザインしてください。

今日もお読みいただきありがとうございます。

最近のiPhoneアプリの記事
  

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました