オグ・マンディーノの世界最強の商人をなぜ何度も読み返すのか?良い習慣の奴隷になろう。

習慣化

私が新しいビジネスにチャレンジする時に必ず読み返すのが
オグ・マンディーノ世界最強の商人なのです。
起業家、営業に悩むビジネスマンが勇気を奮い起こせる一冊です。
なんと久しぶりに読もうと思ってAmazonAmazonをチェックしたら
Kindleでもリリースされていました。
これでこの名著をいつでもどこでも読めますね!
スクリーンショット 2015-01-11 7.38.45

オグ・マンディーノは「世界中で最も多くの読者をもつ自己啓発書作家」と
呼ばれたベストセラー作家ですが
実は、彼は私と同じアルコール依存症になり、自殺を考えるほど追い込まれていました。

死のうと思った朝にピストルを買うのではなく、偶然図書館の前にたどり着きます。
そこで出会ったノーマン・ヴィンセント・ピールやナポレポン・ヒルなどの書籍が
その後の彼の人生を大きく変えるのです。

そのため彼の本はリアルで優しく、読んでいて気持ちが落ち着きます。
行動を起こすためのヒントが頭の中に自然と入ってくるのです。
特に、この世界最強の商人は覚えておきたい箴言が数多く紹介されています。

失敗に関してはその定義はただ一つだけである。すなわち、「失敗とは、それが何であれ、その人生の目的に到達できないこと」なのだ。

逆説的に言えば、人生の目的に到達するまで、チャレンジし続ければ、成功できるのです。
失敗はその途中経過でしかないのです。
そして、そのためには、自分の決意が大事だと書かれています。

もし、成功しようとすれば決意が十分固ければ、失敗することはないのです。

本書は主人公ハフィッドに手渡された成功するための10の巻物で構成されていますが
一番大事な巻物の以下の言葉を読むだけでも、買う価値があると思います。
私はアルコール依存から抜け出すときに、この言葉を何度も読み返しました。
人生を変えるために最も有効な方法は
悪い習慣を良い習慣に置き換えることなのです。

実は、失敗者と成功者の間にあるたった一つの違いは「習慣」の違いだ。かぎ良い習慣はあらゆる成功の鍵である。悪い「習慣」は失敗に通じる鍵のかかっていないドアのようなものだ。それゆえ、他のすべてに優先して私が従う第1の法則は、「私は良い習慣を身につけ、その奴隷になる」というものだ。

良い習慣の奴隷になれれば、人生は変わります。
そのためには自分の悪い習慣を書き出し、それを良い習慣に置き換えるだけなのです。
私はアルコール依存のよる夜型の生活を飲まない朝型のライフスタイルに変えることで
過去の自分とは全く違う自分を手に入れることができました。

良い行動が喜びになると、習慣になり、その変化を体験すると人生は楽しくなります。
私もこのブログが喜びになり、良い習慣として定着したおかげで
多くの人との出会いやチャンスを引き寄せられるようになりました。

なぜならば、日々の繰り返しによって行動が容易になると、その行動をすることが喜びとなり、それが喜びになれば、人は自然にいつもそのように行動するようになるからだ。私が常にそのように行動するようになると、それは習慣になり、私はその習慣の奴隷になる。そして、それは良い習慣であるがために、これは私の意志なのだ。

そのキッカケになった一冊が、この世界最強の商人だったのです。
私が新しいことにチャレンジする時に
この本を読み返す理由を今日はご紹介しました。

最後に私が好きなオグ・マンディーノの言葉で今日のブログを終わります。

心は特殊な領域である。地獄から天国を創り出すことも、天国から地獄を創り出すこともできる。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
  

photo credit: Giovanna Dias via photopin cc

Loading Facebook Comments ...

コメント