スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式のスピーチを何度も読み返す理由。

習慣化

チャレンジすればするほど、失敗の回数は増えてしまいます。
努力しているのにうまくいかないことが続くと、当たり前ですが気分は落ち込みます。
そんな時に、どうモチベーションを保てばよいのでしょうか?
スクリーンショット 2015-02-07 7.48.38

私は決して障害に屈しはしない。いかなる障害も、私の中に強い決意を生み出すまでだ。(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

私は失敗したときに、「最後はうまくいく」と呪文を唱えるようにしています。
こう考えると目の前に壁があっても、それを乗越える方法を考えられるのです。
時には遠回りをしたり、仲間を見つけて壁を壊すこともあります。

人生を大きな視点から見てみましょう。
すべてはうまくいっていると思考法を変えてみると不思議な出会いに恵まれます。
絶妙なタイミングですべてのことが起きているのだと思えれば
大きな壁が目の前に現れても、それがチャンスの入り口だと考えればよいのです。

うまくいっているのかもしれないと思うと
不思議とその問題を解決してくれる仲間が現れます。
あるいは、その仲間がすぐに答えを出せる友達を紹介してくれたりします。
誰かにつながっているかもしれないという視点を持つようにするだけで
人生がうまくいく可能性が高まるのです。

好きなことを続けることで、良い仲間が見つかります。
自分がやりたいことを周りに話すことで、それを応援する仲間が集まってきます。
諦めずに続けることで多くの人と出会え
成功に近づけけると考えることで人生は楽しくなります。


昨日のブログにも書きましたが、スティーブ・ジョブズ
スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチには、生きるヒントが数多く隠されています。

アップルを追われなかったら、今の私は無かったでしょう。非常に苦い薬でしたが、私にはそういうつらい経験が必要だったのでしょう。最悪のできごとに見舞われても、信念を失わないこと。自分の仕事を愛してやまなかったからこそ、前進し続けられたのです。皆さんも大好きなことを見つけてください。仕事でも恋愛でも同じです。仕事は人生の一大事です。やりがいを感じることができるただ一つの方法は、すばらしい仕事だと心底思えることをやることです。そして偉大なことをやり抜くただ一つの道は、仕事を愛することでしょう。好きなことがまだ見つからないなら、探し続けてください。決して立ち止まってはいけない。本当にやりたいことが見つかった時には、不思議と自分でもすぐに分かるはずです。すばらしい恋愛と同じように、時間がたつごとによくなっていくものです。だから、探し続けてください。絶対に、立ち尽くしてはいけません。

嫌な体験があっても、好きなことを続けていきましょう。
立ち尽くすのはやめて、チャレンジし続けるのです。
人との出会いや体験が、後々の結果に繋がっていくのです。
点と点が繋がるというスティーブの話は何度読んでも感動を覚えます。

繰り返しですが、将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。運命、カルマ…、何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。私はこのやり方で後悔したことはありません。むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。

多くの体験こそが、未来をつくり出すのです。
チャレンジすることが点を生み出し
それらがやがては繋がると信じられれば
人生は良い方向に動き出すはずです。

点と点を繋いでいたら、ソーシャルおじさんズの仲間と電子書籍をリリースできました。
草苅徹さんとの共著のミドル世代のための小さな会社の創り方
福田剛大さんとの共著の名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方の二冊です。
起業やパーソナルブランディングを考えている人におすすめの入門書です。
二人の点を繋いでみると、きっと面白いことが引き寄せられるはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  

photo credit: turning the insight out via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント