あなたの筋肉は大丈夫?早歩きとゆっくり歩きの「筋トレ」ウォーキングで、大事な筋力を落とさない方法。

習慣化

実は筋力は、20代をピークにして30歳を過ぎたあたりから、毎年約1%ずつ低下していきます。1年ごとに1%。1年で見ると少ないのですが、10年では10%も減り、80歳の頃には20歳の約60%の筋力しかなくなってしまいます。(能勢 博)

スクリーンショット 2015-06-30 8.57.47
ダイエットは食事の改善と歩くことで成功すると気付き
ファスティングウォーキングを習慣化しています。
実際、この一ヶ月半で体重は5Kg落ちた上に
運動のおかげで、筋力がついてきました。

毎日続けるために、いろいろな本を参考にしているのですが
いくつになっても自分で歩ける!「筋トレ」ウォーキング能勢 博著)を
読むことで、どう歩けばよいのかを理解できました。
また、寝たきり老人にならないためには
筋トレウォーキング」が効果があることもわかりました。

私たちは歩き方をほんの少しだけ変えるだけで
「筋力」と「持久力」を鍛えられるのです。
筋トレウォーキング」は
「筋力」を鍛えるための大股での早歩き
「持久力」をつけるためのリラックス歩き を
3分ごとに交互に繰り返す歩き方です。
これはいくつになっても、簡単に始められます。
実際、ジムにも行かずにこれだけで、健康になったご老人が
長野県では続出しているそうです。

まずは、大股で歩く時のチェックポイントをご紹介します。

1、背筋をまっすぐ伸ばす 
2、25メートル先を見て歩く 
3、肘を90度程度に曲げ、腕を大きく振る 
4、かかとから着地するとなります。はじめからすべてのコツを押さえようとせず、できるところから焦らずはじめていきましょう。

25メートル先を見て歩くと確かに姿勢が良くなります。
また、大股で早く歩くことで
足の筋力にも負荷をかけられ、筋肉を太くすることができます。
この大股での早歩きを続ければ
いつのまにか筋トレをしているのと同じで、筋力をつけられます。

私たちは歩くときに太ももをはじめ、多くの下肢筋肉を動かします。大股で、かつ、ややきつい速度で速歩きをするときは、いつもより大きく速く、下肢筋肉を動かすので、下肢筋肉に大きな負荷をかけ筋肉を太くすることができます。つまり、大股の速歩きには、スクワットなどの筋トレと同じ運動効果があるのです。単純ではありますが、これが歩くだけで筋トレができるしくみです。ただ、速歩きをずっと行うのは精神的につらいですし、体力も持ちません。

簡単なストレッチを組み合わせると、より効果を実感できます。
通勤中にエスカレーターを使わずに、階段を一段抜かしで歩くなど
本書を参考にしながら、私も自分でも工夫しながら歩くようにしています。
そして。早歩きだけだと続かないので、ゆっくり歩きを組み合わせるのです。
3分早歩きしたら、今度は3分ゆっくり歩くのです。

ゆっくり歩く時は、普段の歩幅でリラックスして歩けばOKです。

背筋を伸ばして、普段の歩幅で、リラックスして歩けばOK。ゆっくり歩きは、ウォーキング時間を長く継続させるために大切なリフレッシユタイム。上がった息を整えるよう、ゆったり歩きましょう。フォームは気にしなくていいのですが、背筋だけはピンと伸ばすよう意識してみてください。

この「筋トレ」ウォーキングは一日30分続ければ、効果が出ると言います。
寝たきり予防だけでなく、生活習慣病の改善、アンチエイジングに役立ちます。
筋力を毎年1%づつ落としたくなけえば
今日からこの「筋トレ」ウォーキングをスタートしてみましょう。
詳細は本書をお読みください。

今日もお読みいただき、ありがとうございまいた。

   

Loading Facebook Comments ...

コメント