「目標」「やりたいこと」などの5つのことを書き出すと、なぜ夢が実現するのか?

習慣化

私が実践している 『3分間日記』には、書くべき項目が5つしかないのです。たった5つの項目について、毎日書くだけで、あなたは成功と幸せの扉に手を掛けることができるのです。その 5つとは 「目標」「やりたいこと」「今日の出来事」「今日の感謝」「成功法則・学びの言葉」です。たったこれだけです。別に特別なフォーマットに書く必要もありませんので、思いついたことのなぐり書きで十分です。(今村暁)

スクリーンショット 2016-04-02 8.56.55
今村暁氏は、3分間日記 成功と幸せを呼ぶ小さな習慣
以下の5つのことを毎日書き続けるだけでよいと書いています。
「目標」
「やりたいこと」
「今日の出来事 」
「今日の感謝」
「成功法則・学びの言葉」

書くのが難しいと考え始めると日記がつらくなり、習慣化できません。
書くことを定着させれば、夢が叶うのですから
できるだけハードルを下げ、日記を自分の習慣にしてしまうのです。
そのために、今村氏のシンプルなノウハウをモデリングするとよいかもしれません。

やり方は簡単で、朝起きた時に 「目標」 「やりたいこと」の2つを書き出します。
このときに、短期目標、中長期の目標を意識するとよいでしょう。
また、今日やりたいことを書いておくのもポイントになります。

「やりたいことを紙に書けば、必ず実現するんだ」無意識のうちにこう思えるようになればしめたものです。あなた自身が長期目標や短期目標について 「ああ、これは必ず実現するな。だって紙に書いたから」と感じるようになるでしょう。この 『やりたいことを紙に書く』→『実現した 』という小さなサイクルを、毎日何回転でもさせましょう 。この経験があなたに自信を与え 『長期・短期目標を紙に書く 』→『実現する 』という大きなサイクルを回す推進力となります。

少しの努力で達成できることを目標にしておけば、書いたことが必ず実現します。
書けば実現するという体験を重ねることで、夢は実現すると感じられるようになります。
この積み重ねが、あなたに自信を与えてくれます。
小さな夢が実現すると、やがては大きな夢も叶うようになります。
このポジティブ・サイクルがあなたの人生をより良くしてくれます。

寝るときには「今日の出来事」「今日の感謝 「成功法則・学びの言葉」を書き出し
その日1日をしっかりと振り返ります。
このときに感謝できることを見つけると、感謝を習慣化できます。
どんな小さなことでもよいので、良かったことにフォーカスし
感謝すると、毎日を幸せな気分で過ぎせます。

また、自分を元気にする言葉を見つけたら、書き出しておきましょう。
後で見返すと、勇気をもらえます。
また、たいがいの悩みは、日記を読むことで、解決できるようになります。

私は朝に、目標日記感謝日記を書くようにしています。
短期、中長期の目標を潜在意識に毎朝刷り込むことで
関係する情報を見つけたり、人からヒントをもらえるようになり
これが、夢の実現スピードを速めてくれます。

寝る前に1日を振り返る時間を持つことで、自分との対話が出来ます。
良かったこと、悪かったこと、そしてやりたいことを明確にできます。
そして、その日に起こったことにすべてに感謝するのです。
嫌なことがあっても、相手に感謝することで、気持ちをスッキリさせられます。
翌朝、改めて感謝日記を書いておくと、なんの悪意もなくなっています。
日記を書くことで、自分の感情もコントロールできるのです。

このように、書くことを継続すると、潜在意識の力で、夢が叶うようになります。
日記やブログを習慣にすると、人生をワクワクなものに変えられるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

Loading Facebook Comments ...

コメント