メンタルが強い人の思考をモデリングしよう!

メンタルが強い人とは、どんなことにも動じない人ではありません。動じないのではなく、切り替えが早いのです。(菊原智明)

スクリーンショット 2016-04-09 23.42.53
菊原智明
氏の超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣の中の
この言葉を読んで、メンタルをもっともっと強くしたくなりました。
メンタルが強い人の習慣をモデリングすれば、自分を簡単に変えられます。
彼らの思考と行動を真似て、あきらめずに行動を続けることで、良い結果を得られそうです。
そのためには、極度に落ち込まずに、切り替えを早くすることがポイントです。

メンタルが強い人でも断られたときは、一時的に深く落ち込みます。
しかし、彼らは素早く立ち直るために、ポジティブな言葉で自分を励まします。
自分に言い聞かせるために、「よし、大丈夫だ!」などと口にするのです。
ネガティブな言葉を吐いて、余計に落ち込むなどの愚行はせずに
次の行動のために、気持ちをさっさと整理しておくのです。

失敗したり、落ち込んだ時には、以下の菊原氏の処方箋を参考にするのです。

多少無理してでも、笑顔で「これはいい経験になった。これでよかったんだ!」と口に出して言ってみるのです。こうするだけでも、まわりからは〈前向きな人だ〉と評価され、人も集まってきます。もちろん落ち込んでもかまいません。ただ、その時間は短くし、切り替えるために、胸を張って、少し上のほうを見てポジティブな言葉を口に出してみましょう。言動が前向きになれば、心も前向きになるものです。

笑顔で、元気な言葉を使い始めるとあっという間にポジティブになれます。
ネガティブな感情を捨てて、まずは、思考と言葉を変えてみるのです。
言葉をポジティブにすれば、行動も変わります。
自分の意識を変えて、メンタルを鍛えるために
元気な言葉を使うようにすれば良いのです。

また、行動を続けることでもメンタルを強くできます。
コツコツ続けることで、あきらめない心を養えます。
私はまず「やりたい!」ことが見つかったら、 強く願うことを意識しています。
「やりたい」と 声を上げ、 宣言することで、自分にパワーをチャージできます。
また、こうすることで自分の潜在意識に目標をすりこめます。
やりたいことを自分ゴト化することで、行動ができるようになります。
これがエネルギーとなり、周りの人に伝染し、協力する仲間が現れてきます。

他者に宣言してしまうと途中でやめられなくなります。
自分を追い込むことで、行動を習慣にできるのです。
私は多くの宣言から、習慣化を成功させています。
断酒、ブログ、ダイエットなど全て宣言して
周りの仲間に監視してもらうことで、行動を改善してきました。
一度行動が定着すれば、自分を良い方向に変えられるのですから
最低、3ヶ月はその行動を継続してみるのです。
いつの間にか良い習慣が身につき、そこから結果が出るようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Week 52: Shadows via photopin (license)

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 生産性向上 ブログ アイデア クリエイティビティ ライフハック
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました