夢を実現したいならRASの力を活用しよう。「夢は、紙に書くと現実になる! 」の書評

習慣化

夢についてただ書くのではなく、そもそもなぜその夢を実現したいのか、またその夢を実現することであなた自身の人生や他人の人生がどんな風に豊かになるのか、よく考えてみてください。(ヘンリエッタ・アン・クロウザー)

スクリーンショット 2016-06-18 8.11.41
ヘンリエッタ・アン・クロウザー
のことは、このブログでも何度かご紹介しています。
彼女の夢は、紙に書くと現実になる! には、夢を紙に書くと実現しやすくなると書かれています。
他の多くの成功者も、夢を実現したければ夢をリストに書くことだと言っていますが
実は、私もこの方法を実践しています。

最初はそんなことがあるわけはないと、私は行動を起こしませんでしたが
ロバート・ハリスの人生の100のリストを読んで
著者になる、大きなコミュニティをつくるなど5つの夢のリストを書いてみました。
すると不思議なことに今までは全く叶わなかった夢が
リストにすることで数年で全て実現したのです。
私は夢リストの力に圧倒されました。

人生の100のリスト [ ロバート・ハリス ]
価格:993円(税込、送料無料)

その後、紙に書くことのパワーを実感した私は、夢リストを習慣化しました。
また、ヘンリエッタ・アン・クロウザーの本などでその理由を探ったのです。
なぜ、夢を紙に書くと実現するのでしょうか?

それは脳のRAS(網様体賦活系)という神経組織の働きを利用しているのです。

脳幹の根幹部分には、小指くらいの大きさで、入ってくる情報を種別したり評価したりする働きを持つ細胞の集まりがあります。このコントロールセンターが、RASとして知られるものです。

RASは意識を向けていないものはスルーしますが
意識を向けているものは、注意を払うという特性があります。
私たちは書くことで、このRASのスイッチをオンしているのです!
今では、毎朝、私は夢をEvernoteに書くようにしています。
朝起きた瞬間に書くことで自分の脳を目覚めさせ、自分の夢に注意を向けるのです!

書くことによってRASが作動し、次いでRASは信号を大脳皮質に送り覚ませ!注意を払え!細かい点を見逃すな!」夢を紙に記すと、脳はあなたがその夢をつかむのを見ようとふだんより余計になります。そして、ホンダの青い車と同様ずっと前からそこにあったサインを見逃さないよう、あなたに注意を促すようになるのです。

脳は夢を叶えさせるために、情報収集をしてくれます。
街を歩いていても、人と会話をしていても、これが役にたつのでは?と教えてくれるのです。
夢をリストに書くことで、ヒントが見つかりやすくなるのです。
RASを使って、夢を実現するための情報を集めることができるのですから
私は毎朝、夢を書く習慣を続けているのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ヘンリエッタ・アン・クロウザーの関連記事はこちらから
私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

      
     

photo credit: “Or Hiltch… Dream! -Neil Gaiman” via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント