「時間がない! 」を卒業する200のアイデア(マイケル・ヘッペル著)の書評

習慣化

今こそ「やるべきこと」を、「必ずやること」にするときだ。(マイケル・ヘッペル)

スクリーンショット 2016-06-17 21.06.14
「時間がない! 」を卒業する200のアイデア(マイケル・ヘッペル著)
を読むと
「時間がない! 」という言い訳を減らせます。
「やるべき」
から「必ずやる」に自分の思考を変えると
目標が明確になり、集中できるようになります。
これで自ら時間を作れるようになり、重要なことに取り組めるのです。

自分が「やるべき」と思っていることを
すべてリストアップして、何から始めればよいかを考えるのです。
リストの一番上に書いた目標は絶対にやると決めて
どうしたらできるのか?と自問すれば、必ずヒントが見つかります。
たしかに、今の自分には難しいと思えることでも
未来の自分にはできるかもしれないと考えられれば、行動が怖くなくなります。
「やる」と口に出し、これが最後のチャンスだと自分を追い詰めればよいのです。

大学時代の私の夢は、本を書くことだったのですが
先延ばしばかりで、40歳を過ぎるまで全く行動を起こせませんでした。
しかし、10年近く前にコーチから夢は叶うと教えられ
私は本を書くことを決めたのです。
自分にも書ける!と信じることで、ブレーキを踏むのをやめました。

周りの著者に話を聞き、書かねば始まらないと考え
Twitterでのアウトプットを始めてみたのです。
最初は書くことに抵抗がありましたが
毎日書き続けることで、フォロワーの人から感謝されるようになり
自分に自信を持てるようになったのです。
140文字のアウトプットの習慣が、私をポジティブに変えてくれたのです。

いつの間にか書くことへの恐怖感がなくなり、行動を加速できました。
次にUstremで番組を始めたら
ご一緒した編集者の方からなんと出版のオファーをもらえたのです。
できる!と考え、行動することで、本当に夢が叶ったのです。
自分にもできる!と意識を変えることで、未来が明るくなることに私は気づけたのです。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     
     

photo credit: sands of time _7Dii0937 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント