ケリー・マクゴニガルのスタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルールの書評②

習慣化

普通の人間でありながら、やりたいことは「すべて」できるのです。何とかこなします。ほとんどの場合、楽しんでいます。一番のポイントは、完壁にやらなくていいことです。それこそが、私が「すべてをこなす」ことに成功している本当の秘訣です。(ケリー・マクゴニガル)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-15-39-29
スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール
書評ブログを続けます。
ケリー・マクゴニガルは、やりたいことを「すべて」やるためには
完璧にこなすことを考えない方がよいといいます。
著者、研究者、セミナーなどで大活躍しているケリーの時間術は
とても気になりますが、彼女の考え方はとてもシンプルで驚きました。

生産性を上げる一番のコツは、計画的になったり、時間管理をしたりすることではないのです。何かをやり遂げるために、「こうあらねばならない」といった杓子定規なやり方でやるのではなく、自分らしく仕事をすることを許してあげるのです。

自分らしく働くことで結果が出るのなら、人の働き方など気にしなければよいのです。
自分の好きなスタイルで、生産性を上げていけばよいと考えられるようになると
無駄に悩む必要もなくなり、気分が楽になります。

仕事を減らそうとするたびに、スケジュールが空いている時間帯に予定を入れたがっている自分がいました。新しいクラスやプロジエクトはもちろん、家のリフォームができればと夢想していました。私にとって空き時間は、「クリエーティブな発想で埋め尽くさないと気が済まない」ものなのだと悟るようになりました。「空き時間があればバランスの取れた日々を送れる」と普通は考えるものですが、私の場合は逆だったのです。

ケリーは当初仕事を減らそうと努力しましたが、それを途中で諦めたそうです。
スケジュールの空きを見つけるとついつい仕事を入れてしまうそうです。
私もスケジュールが埋まっている方が好きなので、この考え方にはとても共感しました。

クリエイティブな空想で、空き時間を徹底的に活用するというのも刺激的です。
ワクワクな妄想がエネルギーになり、ここから新たな行動が生まれます。
いろいろなことに好奇心を持つためには、創造的な妄想が必要なのです。

米シカゴ大学と中国の上海交通大学の研究を読むと、忙しいことが価値にすら思えます。
そのレポートによると、本人が望む以上に強制的に忙しくさせられていたとしても
人間は忙しい方が幸せに感じるそうです。
多くの人は忙しくない方が幸せだと信じていますが、真実はその逆だったのです。
執筆や起業、コンサルなど最近の私もとても忙しいのですが
確かに、私も充実感を得ることで幸せを感じています。
「忙しさ」は、ポジティブなストレス』というケリーの言葉がとても刺さりました。
ストレスを楽しむことで、私たちは幸せを味わえるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ケリー・マクゴニガルのスタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルールの書評はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
       

photo credit: Transformer18 DSC_1198 via photopin (license)

 

Loading Facebook Comments ...

コメント