夢を実現した未来の自分から、今の自分にアドバイスする!

習慣化

「未来の自分」から 「今の自分」宛に手紙を書く(ケリー・マクゴニガル)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-17-51-56
スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

未来の自分からの手紙というケリー・マクゴニガルのアイデアが秀逸です。
仕事や人間関係に疲れたり、未来が不安になった時などに
現状を打破するために、未来の自分の力を借りるのです。

私たちは自分を変えたくても、なかなか新たな行動を起こせません。
しかし、昨日と同じルーチンを続けていては、未来を変えることはできません。
そんな時には、未来の成功している自分から手紙をもらうのが一番だと
ケリーは本書でアドバイスしています。

例えば、新年が2017年の場合m2018年1月1日付で、自分宛に手紙を書きます。
「2017年の『一番大事な目標』を達成した」というスタンスで
その年(2017年)を振り返っているところを想像してみましょう!
その手紙の中で、 2017年の目標を達成するために
必要なことをすべて行った「その時の自分」に対して、具体的な感謝を述べてみるのです。
あるいは、もっと賢くなった「2018年の自分」から
「その時の自分」へ、思いやりあふれるアドバイスをすることで
自分が本当にやるべきことが見えてきます。
自分の潜在意識の力によって、私たちは新たな一歩を踏み出せます。

夢を実現した未来の自分をイメージしてみましょう!
とてつもないことを成し遂げた自分を想像することで、心のブレーキをはずせます。
どうしたら、その夢を実現できたのか?
実際、どういう風に行動したのか?
誰の協力があったから成功できたのか?などを書くことで
具体的な行動計画や成功要因が見つかります。

未来の成功した自分をイメージしながら手紙を書くことで
今までわからなかった自分のビジョンを明確にできます。
また、タスクを整理したりプランを作ることで、今やるべきことが見えてきます。
書き終えた手紙を何度も読むことで、漠然とした不安も払拭でき、行動が怖くなくなります。

大切なのは、これから、自分がどうしたいかを明らかにすることです。
手紙に書かれた夢をビジョンボードにして、プランを作りましょう。
それを毎日見返すことで、今日何をすればよいかを確認できます。
あとはワクワクしながら、行動するだけです。
目標実現のための行動を習慣化することで、本当に夢が叶ってしまうのです。

手紙の代わりに逆算手帳を使うのもよいと思います。
1年後、5年後、10年後の未来の自分を後悔させないために
未来からの手紙を一度書いてみるとよいでしょう。
自分の心の声を聞くことで、自分の行動を変えらます。

『サンクチャリ出版さんとのセミナーのお知らせ』
逆算手帳コボリジュンコさんとご一緒に未来思考で夢を叶える方法をお話しします。
11月18日にサンクチャリ出版さんのセミナールームで開催します。
セミナータイトル:100の夢リストと逆算で夢を叶えるセミナー
セミナーの詳細はこちらから

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ケリー・マクゴニガルのスタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルールの書評はこちらから
ケリー・マクゴニガルのスタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルールの書評②はこちらから
ケリー・マクゴニガルのスタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルールの書評③はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
       

Loading Facebook Comments ...

コメント