人生を変える習慣のつくり方(グレッチェン・ルービン著)の書評

習慣化

何かが変わって幸せになったとき、人はその鍵となる習慣が身についた話も併せて話す。(グレッチェン・ルービン)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-14-42-24
photo credit: duncan Neon toothbrush via photopin (license)

私たちの人生を変えるためには、習慣をコントロールすることがポイントになります。
私は悪い習慣(お酒)に長年苦しんできましたが
お酒を止めることで、最悪だった私の人生を劇的に良くできました。
Better Than Before、悪い習慣を良い習慣に置き換えることによって
私たちは人生をワクワクなものに変えられるのです。

グレッチェン・ルービン人生を変える習慣のつくり方の中で
習慣の力を以下のように説明しています。

人はどうすれば、思いどおりの自分になれるのか?その答えは 「習慣」にある。毎日の生活は、習慣という目に見えないもので成り立っている。人は約40%の行動をほぼ毎日繰り返すので、わたしたちの存在も、わたしたちの未来も、習慣によって形づくられると言える。つまり、習慣が変われば、生き方も変わるというわけだ。

私たちは何気ない習慣の力に人生を支配されています。
幸せな人生を送りたければ、自分の習慣を見直すことがスタートラインになります。
もし、あなたが私のように悪い習慣に支配されているのなら、
先送りせずに、今すぐそれを止めることが肝心です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生を変える習慣のつくり方 [ グレッチェン・ルービン ]
価格:1706円(税込、送料無料) (2016/12/22時点)

人が変えたいと思う習慣は、おおよそ次の七つに分類されると著者は言います。
 
①健康的な食生活を送る(例 甘いものを断つ、野菜を食べる、飲酒量を減らす)
定期的に運動する(例 ジムに通う、毎朝ウォーキングをする、自転車で出社する)
③お金と賢く付き合う(例 決まった額を貯金する、借金を返す、予算を守る)
④リラックス上手になる(例 自然に触れる、静かに過ごす時間をつくる、十分な睡眠をとる)
先延ばしにせず多くのことを成し遂げる(例 楽器を練習する、外国語を学ぶ、プログを続ける)と
⑥整理整頓された状態を保つ(例 ベッドを整える、書類をきちんと綴じる、鍵の置き場所を決める)
⑦人(社会、世界)とのつながりを深める(例 友人と会う、ボランティア活動をする、家族との時間を増やす)

私はアルコールに長年苦しんでいましたが
断酒をすると決断することで、自分の人生を取り戻せました。
一つの良い習慣を手に入れることで、多くの良い習慣を身につけることができました。
健康が私の背中を押し、行動を改善してくれたのです。
ナチュラルなものを食べたり、歩くことやマインドフルネスが当たり前になり
私は心と身体の両方を健全にできました。
意識が変わることで、朝の早起きがつらくなくなり
ブログを毎日書けるようになったのです。
ここから私の人生は良い方向に変わり始めたのです。

自分を良くするためには、悪い習慣を良い習慣を変えることが欠かせませんが
あまりに習慣に縛られると人生をつまらなくしてしまいます。
「この習慣を身につける目的は何か?」を自問し、本当にやりたいことを実現させましょう。
自分らしい習慣が人生に輝きを与えてくれると信じて
「自分にとっての良い習慣は何か?」を明確にするのです。

まず、私たちがやるべきことは、良い習慣を身につけると決断することです。
習慣にしたい行動を自分の「意志」で開始することで、私たちは人生を豊かにできます
習慣にはそれだけの力があると信じて、今すぐに行動をスタートするのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
グレッチェン・ルービンの関連記事はこちらから

   

   スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13 

Loading Facebook Comments ...

コメント