人とのつながりをすぐに取り戻す3つの方法

習慣化

孤独なときほど、引きこもりたくなるものです。人が集まるイベントやパーティーは緊張しますし、気になるイベントがあっても一人で行くのはなんだか気が引けます。孤独なやつだと思われたくなくて外に出なくなり、そのせいでますます孤独になります。 (ガイ・ウィンチ)


photo credit: Yelp.com Brooklyn Says YES! via photopin (license)

私たちは人から拒絶されたり、失敗をすると家から出たくなくなります。
いったん孤独な状態に陥ると人に会うのが怖くなり、悪い連鎖が始まります。
しかし、一人で家に引きこもっていても、何もよいことはありません。
思い切ってこの連鎖を断ち切るために、人とのつかがりをつくりましょう。
自分の知らない人が集まるコミュニティはそんな時の避難所になります。

ガイ・ウィンチ自分で心を手当てする方法を読むと
の中で新たなコミュニティに参加するメソッドを紹介しています。
孤独な時にこれは役立ちそうなので、以下紹介します。

1、言い訳をつくる
孤独を脱するための効果的な方法は、外出するための「言い訳」をつくることです。
人に出会うためと考えず、ほかの目的のために集まりに参加するのです。
たとえば、「プログのネタにしたい」という理由で読書会などのイベントに参加したり
「いい写真を撮りたい」という理由で、旅行ツアーに出かけてみるのです。
そういう言い訳があれば、1人で参加しても気まずくありません。
また、自分がワクワクしそうなテーマならば、人と話すのも苦になりません。
最近では1人でツアーやイベントに参加する人も増えていますから
以前より、気楽に参加できるようになってきています。
読書会や勉強会は多くの人が一人で参加していますから
Facebookなどで参加しやすいイベントを探してみましょう。

2、インターネットで出会いを探す
ソーシャルメディアの普及で、世界中の人とつながることができます。
自分の趣味や思考をいつもと違うペルソナで発信してもよいでしょう。
なりたい自分になりきって、いろいろな人と交流して、新たな仲間を見つけるのです。
ソーシャルメディアでの出会いが、リアルな関係に発展することも少なくありません。
アメリカで実施された調査によると今やオンラインでの出会いが
カップルになるきっかけの2位を占めているそうです。(
3、ボランティア活動に参加する
ボランティア活動で人とつながるという手もあります。
人のために貢献することで、私たちは孤独を感じなくなります。
自分は価値が見つかり、自分に自信を持てるようになります。
人助けには、幸福感と満足感を高める効果があります。
人から感謝され始めると気持ちがポジティブになり
人に会う時の不安を減らせます。
ギバーになることで私たちは幸せを感じるようになります。
知らない人のために貢献することで、相手に意識を向けられるようになります。
だから緊張や不安をあまり感じることなく、リラックスして人と接することができるのです。

私もお酒をやめる時に飲み会に出かけなくなったため、いつも孤独を感じていました。
読書会や勉強会に参加することで、私は新たなコミュニティに参加し
自分の時間を楽しむようになりました。
ソーシャルメディアでなりたい自分になりきり
他者のための情報発信をすることで、多くの出会いをデザインできました。
この繰り返しで、私の人脈は豊富になりました。
このガイ・ウィンチのメソッドを上手に活用すれば、孤独からすぐに抜け出せると思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。 
自分で心を手当てする方法の関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント