時には他者の力を借りてみよう!

習慣化

自分の手に余ることを引き受けたり、自分だけでは難しい問題を解決しようとすれば、ストレスを引き起こし、健康にも悪影響を及ぼします。でも、ほかの人に頼れば、立感や抑うつ感、ストレスが和らぎます。(ブレット・ブルーメンソール)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-10-15-38 photo credit: CommScope CommScope Lifestyle Images 3 via photopin (license)

1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣書評ブログを続けます。
難しい課題に対して、私たちは自分の力でなんとかしようと努力します。
その考え方自体は素晴らしいのですが
一人の人間が全ての問題にうまく対処できるわけがありません。
時には、周りの人にサポートしてもらうことを考えましょう。
その方がはるかに効率的で、人間関係も良くできることがわかっています。

仲間に助けを求めることによって、自分の強みに注力できます。
自分の強みと仲間の強みを組み合われば
課題を一気に解決できるなど良い結果が生まれます。
自分一人で解決できない時には、適切な人にアドバイスを求めれましょう。
彼らに適切なタイミングで、助けを求めることで全てがうまくいき始めます。
これで、あなたのパフォーマンスもアップできます。

何をすべきか、どのようにすべきかがわからないと、わたしたちはやるべ きことや決断を先延ばしにしてしまいがちです。助けを求める勇気があれば、完成に向かって進めます。また、適切な人に頼めば、きちんと理解している人から新しいことを学べるため、知識が身につき、時間を節約できます。

私はコーチングを受けることで、自分の人生の可能性に気づけました。
悩みの多い人生から解放され、やりたいことが見つかったのです。
コーチのアドバイスによって、優先順位を確認できたり
会うべき人を紹介してもらうことで、夢の実現スピードが加速したのです。
コーチからサポートを受けることで、課題解決への最短距離が見つかったのです。
優秀なコーチの視点やノウハウ、人脈を活用できれば
最高な解決策を短時間で発見できるようになります。

助けを求めることは人間関係の強化にもつながります。相手はあなたの世界に入り込むことができ、また自分が信頼され、頼られていると実感できます。人は誰かから必要とされ、重要な存在だと感じたいものです。

困ったときに安心して相談できるコーチ、メンター、仲間がいると
人生での悩みを大幅に減らせます。
相手を信頼して自分の問題を相談することで、良い人間関係も築けます。

相手に頼ることができれば、相手もあなたのスキルや経験を頼るようになります。
互いの強み頼り合うことで、良いチームができ、そこから新たなビジネスが生まれます。
周りの人に相談しながら、課題を解決できると豊富な人脈も手に入ります。
人に頼ることで、ビジネスがいつの間にか活性化するのです。
自分だけで課題を解決するのではなく、他者の力を時には意識しましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

 

Loading Facebook Comments ...

コメント