目標は書くだけでなく、誰かと共有しよう!

習慣化

「私はまだ成長しなければならない。だとしたら、ここで何を選択しようか?」と考え、的をしぼり込む質問をし、自分がやるべき次のことを見きわめる。それは新しいモデルに従うか、新しいシステムを選ぶか、あるいはその両方である。さらには、新しい考え、新しい技術、新しい人間関係までも必要とするかもしれない。(ゲアリー・ケラー)

スクリーンショット 2017-02-06 10.55.20
photo credit: Dai Lygad Yellow arrow via photopin (license)

ゲアリー・ケラーワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果書評ブログを続けます。
やりたいことがたくさんある人もいれば、夢がないという人もいるかもしれません。
以前の私は、お酒を飲むことが大好きで、夢見ることを忘れていました。
しかし、コーチのアドバイスによって、夢を取り戻した私は
ワクワクな人生を送れるようになったのです。

その後、100の夢リストを書き、それを定期的に見直すことで
多くの夢が実現するようになりました。
最近では、大きな夢だけでなく、小さな夢を書き出し
逆算手帳のガントチャートで整理するようにしています。
優先順位をつけながら、多くの夢を俯瞰することで
イメージが広がり、点と点がつながり始めます。
違うプロジェクトに他の情報や人を掛け合わせることで
ケミストリーが起こり、夢の実現スピードがアップすることに気づけました。
自分の夢をいろいろな人に話すことで、チャンスが引き寄せられてきます。
逆算手帳のガントチャートを眺めているとそのアイデアが膨らみます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワン・シング [ ゲアリー・ケラー ]
価格:1468円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)

責任を持つ人々は失敗を取り込んで進んでいく。難問にも辛抱強く対処し、前進しつづける。ひたすら成果を目指し、行動、スキル、モデル、システム、人間関係で役に立たないものは切り捨てる。どんな仕事にも無条件で最善をつくす。 こうして責任を持つ人々は、他の人々が夢想することを実行するのだ。私たちは自分の人生の創造者になるか、犠牲者になるかだ。二つに一つ、他に選択肢はない。つまり、責任を持つか持たないかだ。

逆算手帳や夢リストを絶えず見返すことで、行動できるようになります。
私はサボりたくなると、リストを見返すようにしています。
今年になって、大小6つの夢が叶ったのですが
叶った夢のリストにシールを貼るようにしています。

このシールが報酬となり、次の夢にチャレンジできるようになります。
シールを見るたびに自信が持て、行動する勇気が湧いてきます。
また、夢リストを書き始めたのは、コーチのアドバイスのおかげでした。
コーチングを受けることで、夢の実現スピードが加速しました。

責任ある生き方をするための近道は、責任感のあるパートナーを見つけることだ。責任感のあるパートナーなら、率直で客観的なフィードバックをしてくれ、ともに前進し、重要なひらめきを与えてくれ、必要とあれば的確なアドバイスも提供してくれるだろう。

ある研究によれば、自分の目標を言葉にして書き出している人は
そうしない人に比べて成功する可能性が39.5%パーセント増加するそうです。
そして、自分の目標を書き出し、なおかつ
進歩の報告を友人に伝えた人の目標達成率は76.5%も増加するそうです。

自分の目標を書き出すことは効果的ですが、さらに上を目指すなら
進捗を誰かと共有すべきです。
友人やコーチと定期的に夢を共有するだけで、倍の効果を望めます。
私も仲間と夢を共有することで、より多くの夢が叶うようになりました。

■セミナーのお知らせ
サンクチャリ出版さんとセミナーを開催します。
テーマ:ダメダメ人生から復活する方法
アルコール依存症から脱出した私のメソッドを全てお話しします!
日時:2月9日19時 会場:千駄ヶ谷サンクチュアリ出版セミナールーム
詳細はこちらからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

      
       

Loading Facebook Comments ...

コメント