変化を促す2つの質問を習慣化しよう!

習慣化

多くの人は変化をひどく嫌う。長い時間をかけて自分の生活を設計してきたので、ずっとそのままにしておきたいと思うのだ。しかし残念ながら、そういう態度では失望を経験することになる。なぜなら、永遠に変わらないものは存在しないからだ。(ジェリー ミンチントン)


photo credit: Giuseppe Milo (www.pixael.com) Girl on Garda lake – Sirmione, Italy – Fine art photography via photopin (license)

変化をとるか?失望するか?

私たち人間は昨日と同じ自分でいることが大好きです。
居心地のよい場所が大好きで、そこに居続けようとします。
しかし、世の中は絶えず変化していますから
コンフォートゾーンに留まることはとても危険です。
必要な変化を起こす努力を怠っていると
やがて変化の波にのみ込まれてしまう可能性が高まります。
時代のトレンドを意識し、変化について前向きに考えるようにしましょう。
変化を拒否すれば、どこかで大きな落とし穴に落ちることになるはずです。

人生を向上させるために変化を利用するのだ。変化が訪れたことを嘆くのではなく、人生を向上させるチャンスととらえ、幸運が訪れたのだと考えればいい。人生では何かがずっと同じままであることは決してない。生きることは絶えず変化にさらされることなのだ。

進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの
「変化に最もうまく適応する生物が生き残る」と言う言葉を信じて
世の中の変化にしっかりと適応できるようにしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分の価値に気づくヒント [ ジェリー・ミンチントン ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)

変化するために自分への質問を繰り返そう!

学歴や役職を頼りに生きていくのが徐々に難しくなってきました。
世の中が変化する中で、大企業の肩書きが通用しなくなっています。
今の時代、最も重視されるものは自分のスキルです。
自分のどのスキルで、世の中に貢献するのか?が問われています。
変化する社会に適応するために、自分のスキルを磨く必要があります。

年齢を理由に学ぶのをやめると自分の未来を暗くしてしまいます。
逆に、生涯にわたって勉強と成長を続ければ
いくつになっても社会から求められる存在でいられるはずです。
未来について考えれば考えるほど、変化の必要に気づけます。

あなたの変化する力が弱っているのなら
ナサニエル・ブランデンの2つの質問を取り入れましょう。
ナサニエル・ブランデンは自分自身に日々問いかけることが大事だと言います。
「自分の人生で、うまくいっていることは何か?」
「人生で、まだ達成していないことは何か?」の2つの質問を
習慣化することで、自分を変えられるようになります。
変化のためには、自分を客観視し
日々何をすればよいかをチェックしなければなりません。

たいていの人は、自分自身に質問などしない。自分の声を聞くかわりに、ラジオを聴いたり、テレビを見たり、噂話をしたりして、他人の言葉や思考で自分の頭を埋めている。しかし、他人の言葉ばかり聞きながら、自分を変えるのは不可能だ。自分を変えるには、自分自身と会話し、自分で自分を説得しなければならない。(スティーヴ・チャンドラー)

人の意見を参考にするのではなく、自分との対話の時間を持ちましょう。
自分を変えるためには、自分を説得する必要があります。

まとめ

日々の小さな変化が、未来を少しづつ変えてくれます。
自分の変化を促す質問を心がけ、小さな取り組みを始めましょう。
自分を変えたいなら、ナサニエル・ブランデンの2つの質問を
毎朝繰り返し、小さな行動を習慣にするのです。
勉強量が足りないと感じたら、本を毎日数ページ読みましょう。
セミナーに参加したり、コーチングを受けるのも効果があります。
自分を変える取り組みを人生の中に取り入れることで
自分の可能性をより広げられるのです。

参考書籍 
ジェリー・ミンチントン
自分の価値に気づくヒント
スティーヴ・チャンドラー自分を変える89の方

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

Loading Facebook Comments ...

コメント