ナイジェル・カンバーランドのお金持ちがしている100の習慣の書評


Cards photo created by rawpixel.com – www.freepik.com

お金持ちがしている100の習慣
ナイジェル・カンバーランド

本書の要約

お金持ちには共通の行動様式と思考パターンがあります。人生100年時代を幸せに生きるために、お金持ちのマインドセットを身につけ、自分の行動を変えましょう。運のよいお金持ちの習慣を真似て、今すぐ行動を起こした方がよさそうです。時間を味方につけることで、お金持ちになる確率を高められます。

お金持ち共通の行動様式と思考パターンとは?

あまりにも多くの人が、「貯めなすぎ、使いすぎ」な暮らしをしているということです。表向きはとても裕福に見える人でさえ、借金を抱えていることが少なくありません。自信を持って「私は経済的な目標を達成し、十分な富を築いた」と公言できる人にはめったにお目にかかれないのが現実なのです。(ナイジェル・カンバーランド)

多くの人がお金のことで悩んでいますが、お金を貯められないのは、自分が稼ぐ以上にお金を使ってしまっているからです。経済的な目標を達成し、お金に困らない人生を送るためには、入りと出をコントロールする必要があります。無駄な支出を見直し、自分の人生をよりよくすることにお金を使うべきです。

作家、リーダーシップ・コーチのナイジェル・カンバーランドは、お金持ちの行動パターンと思考様式を明らかにし、それを100の習慣にまとめました。これらの習慣を実践することで、お金に困らない人生を送れるようになります。

収入を上げるためには、お金に稼いでもらうことも重要です。お金持ちは、貯蓄だけでなく、株や不動産に投資し、リスクをとることで資産を増やしています。その際、以下の質問をすることで、成功する確率を高められると言います。

1.失うことを恐れているものは何か?
2.「適切な投資をしない」「資産を増やす機会を逃す」などによって失うものは何か?
3.起こりうる最悪の事態は何か?

投資のリスクを書き出し、それを検討することで、失敗する可能性を下げられます。長期分散投資を行い、リスクをコントロールしましょう。ドルコスト投資法で長期投資を行うことで、確実に資産を増やせます。自分の資産を毎年確実に増やし、資産を取り崩さずに生活できれば、お金のことに悩む時間を減らせます。

以下、本書の100の習慣から、私がよいと思ったことをいくつかピックアップします。

お金持ちは運をよくする行動をする!

■今すぐ行動する
資産をつくるには時間がかかりますから、行動を先送りにするのはやめましょう。お金持ちになる人はためらわずに行動し、お金持ちにならない人は理由をつけて行動を先送りします。

■人間関係を広げる努力をしている。

お金持ちになる人は人脈こそが富を築く鍵だと知っていて、お金持ちにならない人は人間関係にだらしない。

人間関係を積極的に広げていくのは簡単ではなく、慣れるにはかなりの訓練も必要です。よい人脈があなたにお金を運んできてくれると信じて、よい人との出会いをデザインしましょう。お金持ちの知識や体験を直接学び、それを実践することで、資産を築けるようになります。彼らのやり方を学んだら、自分の頭で考えてから、自分にとって最適な方法を選ぶようにしましょう。年齢、置かれている状況、達成したい目標によって、資産運用の形は異なります。

■幸運を呼び寄せる努力をしている
お金持ちになる人は「運は自分で引き寄せる」と考え、積極的に行動しています。運のよい人は、適切なタイミングで適切な場所にいるものです。

心理学者のリチャード・ワイズマンによれば、運の良さは、チャンスや機会を察知し、それをつかむための行動をしています。お金持ちは幸運を引き寄せられそうな環境に、積極的に身を置いています。自らチャンスをつくり、それを活用する準備を整えることが、それがお金持ちになるための鍵なのです。(リチャード・ワイズマンの関連記事

以下、ワイズマンの運のいい人の法則から「運のよい人の4つの法則」を引用します。

■法則1 チャンスを最大限に広げる。
運のいい人は偶然のチャンスをつくりだし、チャンスの存在に気づき、チャンスに基づいて行動する。
■法則2 虫の知らせを聞き逃さない。
運のいい人は直感と本能を信じて正しい決断をする。
■法則3  幸運を期待する。
運のいい人は将来に対する期待が夢や目標の実現をうながす。
■法則4 
不運を幸運に変える。 運のいい人は不運を幸運に変えることができる。

■世間とは逆のことをしている
ペンシルベニア大学の心理学者ジョナ・バーガーによる実験では、「この商品はすでに誰かが買っている」と教えられた場合、そうでない場合に比べて10%多くの被験者がその商品を購入しました。しかし、お金に関して言えば、逆のことが当てはまる場合があります。大多数の人がしていることと、反対のことをすれば儲かる場合があるのです。投資においては、逆張りをする勇気が必要です。

世のなかのほとんどの人は経済的に成功しているわけではありません。彼らの行動を真似るのではなく、自分の頭で考えた上で、投資を行いましょう。賢い投資家になり、富を築こうとするのならば、世間の声に惑わされず、自分で判断をしなければならないのです。

■100歳まで生きる準備をしている
国連は、「センテナリアン」と呼ばれる100歳以上の長寿者が、現在の50万人から2050年には370万人に増えると予測しています。オランダのフローニンゲン大学の研究によれば、100歳を超えても健康的に生きることが今後はますます一般的になる可能性があります。2070年には、2万人に1人が125年以上生きることになると推定されています。働いている期間よりも、老後の方が長くなる可能性があるのです。

人生100年時代を幸せに過ごすためには、資産運用を行うことが不可欠です。年をとっても完全に引退するのではなく、それぞれのやり方でお金を稼がなければなりません。現役時代に十分な資産を築いていない人は、70代以降も働き続ける可能性が高まっています。

100歳を超えても生きることは天からの贈り物だと言えます。医学の進歩により、高齢になっても健康を保ちやすくなりました。ですから、資産形成をこれからも継続していくなかで、将来の支出をこれまでよりも多目に見積もっておいたほうがよいでしょう。高齢になってからも、起業したり、再就職したりするなどして、資産を食いつぶさないようにしましょう。

お金持ちには共通の行動様式と思考パターンがあります。人生100年時代を幸せに生きるために、お金持ちのマインドセットを身につけ、自分の行動を変えましょう。運のよいお金持ちの習慣を真似て、今すぐ行動を起こした方がよさそうです。時間を味方につけることで、お金持ちになる確率を高められます。

ブロガー・ビジネスプロデューサーの徳本昌大の5冊目のiPhoneアプリ習慣術がKindle Unlimitedで読み放題です!ぜひ、ご一読ください。

 

 

 

 

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 生産性向上 ブログ アイデア クリエイティビティ ライフハック
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました