運のいい人の法則(リチャード・ワイズマン著)の書評 運のいい人は何をしているのか?

習慣化

私たちは誰でも幸運であり不運でもある。不運に見舞われても我慢して前に進みつづけることができる人は、幸運がやって来たときに、たまたまそこにいて幸運をつかむことができる。(ロバート・コリアー)

スクリーンショット 2015-12-03 14.49.51
人生を変えるために、絶対に読んでおいたほうが良い本というのがあるのですが
リチャード・ワイズマン運のいい人の法則は間違いなく、その中の一冊です。
実際、数年前に本書を読んでから、私の人生は変わり始めました。
今回、再読する中で、いろいろな気づきをもらえました。

世の中には「運のいい人」と「運の悪い人」がいるのですが
本書の著者のリチャード・ワイズマン博士は、「運の科学的研究」から
何が幸運をもたらすのかを調査し続け、10年かけて
「運のいい人」に共通する「四つの法則」を見つけたのです。

運のいい人は理想のパートナーと出会い、生涯の夢を実現させて、望みどおりの仕事につき、幸せで意義のある人生を送る。特別に努力をしたからでも、驚くような才能があるからでも、人並みはずれて頭がいいからでもない。ただ、正しいタイミングで正しい場所にいる不思議な才能があるらしく、不公平なくらい幸運に恵まれているのだ。運のいい人は、どうして何もかもうまくいくのだろう。(リチャード・ワイズマン

確かに、私の周りにも「運のいい人」と「運の悪い人」が両方います。
「運のいい人」は幸せ街道まっしぐらで、次々良いことを手に入れています。
逆に、「運の悪い人」はいつもひどいことが起こり、自分の不幸を嘆いています。
両者の間には、確かに大きな違いがあるようです。

人生にとって最も決定的な要因は、最も些細なことから生まれるものだ。(アルフレッド バンデュラ)

アルフレッド・バンデュラがいうように、運の良い人は些細なことを大事にしています。
彼らは小さな偶然の出会いに可能性を感じています。
本書にはレーガン大統領夫婦やバフェットの成功談が書かれていますが
みな、成功者は人との出会い(ご縁)を大切にしています。
彼らは、「幸運は偶然ではない。幸運はどこにでもある。 」と考えているのです。
小さなきっかけを見つけるのが、とても上手で
あたかも良いことを引き寄せるように生きています。

運のいい人は、いつも偶然のチャンスに巡り合う。自分の人生にとって大きなプラスになる人と偶然、会ったり、新聞や雑誌を読んでいて、たまたま面白そうな記事に気づいたりするのだ。一方、運の悪い人はそのような経験がめったになく、たとえばスティーブンのように、自分の人生にとってマイナスにしかならない人と出会ってしまう。運のいい人は自分でも理由がわからないまま、正しい選択をしているものだ。(リチャード・ワイズマン)

また、運のいい人には、不運を幸運に変える力があるということもわかってきました。

本書でリチャード・ワイズマンは、「運のいい人」に共通する「四つの法則」を紹介しています。
実際、私も数年前にこの法則に気づいてから、良いことが起こるようになりました。
不思議な出会いが、人生をどんどん変えてくれることに気づいたのです。

■法則1 チャンスを最大限に広げる。
運のいい人は偶然のチャンスをつくりだし、チャンスの存在に気づき、チャンスに基づいて行動する。
■法則2 虫の知らせを聞き逃さない。
運のいい人は直感と本能を信じて正しい決断をする。
■法則3  幸運を期待する。
運のいい人は将来に対する期待が夢や目標の実現をうながす。
■法則4 
不運を幸運に変える。 運のいい人は不運を幸運に変えることができる。

さあ、今日からでも遅くありません!
この「四つの法則」を信じて、自分の行動を変えてみましょう!
私の運が良くなったように、あなたの運も良くなるはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

Loading Facebook Comments ...

コメント