食事

スポンサーリンク
習慣化

フランク・ラポルト=アダムスキーの腸がすべて―世界中で話題! アダムスキー式「最高の腸活」メソッドの書評

Food photo created by nakaridore - www.freepik.com 腸がすべて―世界中で話題! アダムスキー式「最高の腸活」メソッド 著者:フランク・ラポルト=アダムスキー 出版社:東洋経済新報...
外食

レコーディングダイエットはなぜ効果があるのか?セルフモニタリングで脳の働きを強化しよう!

脳は「自分の取った行動に対してすぐに結果が見える」ということを繰り返していくと、その方向に向かって成長しようとします。食事や運動を記録するレコーディングダイエットが効果があるのも、脳がよい結果を確認することで、痩せようと言う意志が働き、正しいことが選択できるようになるからです。
外食

村山太一氏のなぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 偏差値37のバカが見つけた必勝法の書評

(危機感×気づき×即行動)のサイクルを高速め回す危機回避術であるサバンナ思考と一流や世界一のやり方をマネして丸パクリするショートカット術(マヨネーズ理論)を組み合わせることで、村山太一氏は変化に適応してきました。サイゼリヤでの学びを実践することで、コロナ禍でも著者は黒字を確保できたのです。
習慣化

高城剛の333ウルトラデトックスの書評 カビ毒を排出しよう!

身体を整えることといえば、極端な食事制限と運動ばかりが提唱されていますが、体内から毒素を出さなければ、体本来の活力を取り戻せません。体の中には眠気、疲労感、集中力の低下、がんの原因となるカビ毒が増殖しています。クロレラを使ったデトックスによって、この毒素が排出できることがわかっています。
外食

書評 遠藤功氏の「ホットケーキの神さまたち」に学ぶビジネスで成功する10のヒント

ホットケーキの繁盛店は顧客を喜ばすために、差別化を追求しています。味、こだわり、サービス、居心地の良さなど顧客体験を高める努力を続けることで、お店は繁盛します。いくつもの差別化要因を組み合わせ、顧客を喜ばすことを行えば、商売はうまくいくようになるのです。
外食

書評 青木厚氏の「空腹」こそ最強のクスリ

一日3食というのは、それだけで 「食べすぎ 」になってしまう可能性があります。(青木厚) Food photo created by rawpixel.com - www.freepik.com オートファジー理論とは何か?...
習慣化

スティーブン・R・ガンドリーの食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法の書評

レクチンとはいったい何か?例外はあるが、おおむね大きなタンパク質の総称で、動植物の体内に見られ、今なお続く動物との戦いに植物が用いる中核兵器である。(スティーブン・R・ガンドリー) Designed by Freepik レクチンが...
習慣化

6つのファイトケミカルを積極的に摂取しよう!

ファイトケミカルは、植物が紫外線や害虫から自らを守るために作り出した、抗酸化力の高い天然成分の総称です。植物には、ビタミンやミネラル、食物繊維のように生命を維持するのに不可欠な栄養素のほかに、ポリフェノールやカテキンのように、生命の維持...
習慣化

松生恒夫氏の朝の腸内リセットがカラダを変えるの書評

老廃物の排出割合は、便が75%、尿が20%、汗がたったの3%といわれています。いくら汗をかいても、便秘を解消しない限り本格的なデトックスにはならないというわけです。(松生恒夫) photo credit: wuestenige...
習慣化

松生恒夫氏の寿命の9割は腸で決まるの書評

一番真剣に考えなければいけない問題は、「長生き」のみではなく、「いかに健康的に過ごす人生を手に入れるか」ではないでしょうか。健康な状態で長生きすること、つまり「健康長寿」こそ、これからの社会ではますます大切になっていくはずです。(松生恒...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました