内田和成

スポンサーリンク
イノベーション

課題を解決したければ、右脳と左脳を行き来しよう!右脳思考(内田和成)の書評

人は感情の生き物なので、ロジカルだけで考えるとすぐに壁にぶち当たります。「観・感・勘」の3カンを意識し、何か変だと感じたら、そこに行動の障壁があると考えるようにしましょう。右脳と左脳を行き来することで、正しい答えが見つかるようになります。
イノベーション

新規事業が失敗する理由。右脳思考(内田和成)の書評

新規事業や組織改革を行う際に、ロジカルだけに頼るのはリスクが高いと考え、右脳を活用し、チームの感情を意識するようにしましょう。相手のやる気を引き出すことが重要だと考え、左脳と右脳の両方を活用することで、ビジネスで結果を出せるようになります。
イノベーション

イノベーションとは新たな価値創造で、顧客の行動変容を起こすこと

懐中時計によって「時間に合わせて行動する」という大きな行動変容が起きました。ひとたび行動変容が起こると、もはや元の日常に戻ることはありません。行動変容には不可逆性があるのです。懐中時計の発明は、人々に行動変容を起こしたイノベーションだったのです。
イノベーション

イノベーションの競争戦略―優れたイノベーターは0→1か? 横取りか?(内田和成)の書評

イノベーションとは、顧客に行動変容を起こさせることです。技術革新ではなく顧客の行動を変化させることをゴールに取り組むのであれば、そのプロセスは一変します。イノベーションの競争戦略とは、顧客の行動を引き起こし、市場における優位性を築くことなのです。
習慣化

内田和成氏のスパークする思考 右脳発想の独創力の書評

パソコンの前に座ってネットサーフィンをして考える人が多いようだ。その方法を100%否定するわけではないが、そうした方法にはおのずと限界があると私は思う。(内田和成) photo credit: Rachel.Adams The...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました