山口周

スポンサーリンク
書評

エイミー・ウィテカーのアートシンキング 未知の領域が生まれるビジネス思考術の書評

アートシンキングは、今いるA地点から、未知のB地点を作り出すことです。失敗しても大丈夫と自分に「失敗許可証」を与え、行動し続けるアート思考を身につけることによって、私たちは問題を発見し、それを解決する術を見つけられるようになるのです。
AI

尾原和啓氏と山口周氏の仮想空間シフトの書評

今回のコロナ禍が私たちの働き方を変え、過去の仕事の常識が通用しなくなりました。今後、仕事だけでなく、暮らしや社会も変化する中で、私たちは思考と行動を変えなければなりません。自分のアイデンティを一つに絞るのをやめ、様々なアイデンティを組み合わせ、自分の価値を高め、世の中に貢献すべきです。
習慣化

アウトプットの精度を高める方法

良質なアウトプットを導き出すためには、自分への反証が欠かせません。正しい数字を使っているか?定説に流されていないか?をしっかりとチェックし、アウトプットの質を高めましょう。机上の理論ばかりに頼るのではなく、人が動くシーンを具体的に思い描くことを忘れないようにすべきです。
習慣化

山口周氏の外資系コンサルの知的生産術~プロだけが知る「99の心得」~の書評

今、流行の「思考の技術」だけを身につけても、知的生産性は高まりません。情報をしっかり集め、そのアウトプットの質を高めること(行動)がなければ、クライアントや上司を納得させられません。思考の技術だけでなく、行動の技術を習得することが知的生産性には重要です。
習慣化

山口周氏と水野学氏の世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術の書評

問題が希少化しつつある現代の世界においては、まず「世界観を構想する」ことが非常に重要になります。そして、その世界観を他者に伝えるためには、アートやデザインなどの視覚表現が極めて強力なツールになるのです。自分なりの世界観を持ち、それを表現することを自分のスキルにしましょう!
習慣化

プロブレムソルバーからアジェンダシェイパーを目指そう!書評 ニュータイプの時代

オールドタイプが「与えられた問題を解く」ことに長けている一方で、ニュータイプはまだ誰も気づいていない問題を見出し、それを社会に向けて提起します。これからの時代はプロブレムソルバーが価値を失い、アジェンダシェイパーが評価されるようになります。そのために、ビジョンを生み出し、課題を発見する力を養いましょう!
セレクト

書評 山口周氏のニュータイプの時代

社会構造の変化やテクノロジーの進化にともない、個人や企業は、新しい考え方や成功モデルへの書き換えが求められています。オールドタイプの時代は過ぎ去り、柔軟性、変化への適応力、行動力を持ったニュータイプの人材が求められています。
セレクト

山口周氏の劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのかの書評

劣化するオッサンにならないためには、教養と挑戦が欠かせません。チャレンジマインドを失うと人は成長できなくなります。居心地のよい組織に馴染み、ルーチンな仕事を続けるだけでは、未来をつまらなくしてしまうのです。新たなチャレンジを続けることで結果を残せ、幸福度も増すことがわかっています。
ブログ

アイデアの量がアイデアの質に影響を及ぼす!

創造性とは「なにかをつなげること」なんだ。クリエイティブな人に対して、どうやって創造したのかを尋ねたら、彼らはちょっとバツがわるいんじゃないかな。なぜなら、実際になにかを作り出すなんてことはしていないから。彼らはただ自分の経験から得られ...
習慣化

ブリコラージュ読書法を身につけよう!

実際に拾った「よくわからないもの」が、後でコミュニティの危機を救うことになったりすることがあるため、この「後で役に立つかもしれない」という予測の能力がコミュニティの存続に非常に重要な影響を与える。(レヴィ・ストロース) photo ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました