TESLA

スポンサーリンク
AI

2040年の日本 (野口悠紀雄) の書評

テクノロジーが大きく進化する中で、長期視点での未来予測の重要性が高まっています。世の中の課題が複雑になる中で、ビジネスのやり方も大きく変わるはずです。未来の世界が今とは異なると考え、未来について真剣に考え、見通しを立てる必要があります。
イノベーション

資本主義の先を予言した 史上最高の経済学者 シュンペーター (名和高司)の書評

資本主義の先を予言した 史上最高の経済学者 シュンペーター 名和高司 日経BP 本書の要約 イノベーションを起こすためには、要素と要素を組み合わせる新結合が欠かせません。起業家はアイデアを夢想するだけでなく、積極的に行動する...
アマゾン

それでは伝わらない! ビジネスコミュニケーション新常識 デジタルグローバルな作法は若者に学べ(西原勇介)の書評

「ストレート」「共感」「フラット」という次世代ビジネスコミュニケーションを身に付ければ、あなたの世界は格段に広がり、デジタルグローバルな時代でも必要とされ続ける「新しい世代のキャリアパーソン」に生まれ変われるのです。若者とコラボすることで、ビジネスの可能性を広げましょう。
アマゾン

マッピング思考―人には見えていないことが見えてくる「メタ論理トレーニング」(ジュリア・ガレフ)の書評

マッピング思考を取り入れることで、思考のバイアスに陥らなくなります。地図を描くように物事を俯瞰的に捉えるようにすることで、結果を出せるようになります。個々の賭けの成功率はが低くても、賢い賭け方を長く続けていれば、トータルでの成功率は高められます。途中である程度の失敗は避けられませんが、長い目で見れば全体的にプラスにできます。
イノベーション

ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望 (トーマス・ラッポルト)の書評

成功している企業は、競争ではなく、市場を独占しているとピーター・ティールは指摘します。それを実現するためには自分1人の力ではあまりにも遠回りです。起業家はビジネスセンスとテクノロジーのバランスを取り、優秀な少数のメンバーを集め、彼らに責任を持って仕事をしてもらう必要があります。
イノベーション

ピーター・ティールの独占を手にれるための4つの要素 ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか(ピーター・ティール)の書評

成功している企業は、競争ではなく、市場を独占しているとピーター・ティールは指摘します。そのためには、プロプライエタリ・テクノロジー、ネットワーク効果、規模の経済、ブランディングの4つの視点で経営を行うべきです。この4つを手に入れることで、未来のキャッシュフローが高まり、圧倒的な優位性を獲得できます。
AI

エンベデッド・インシュランスでもテスラが勝ち組になる理由

米国では自動車のオンライン販売サイトでも組み込み型保険(エンベデッド・インシュアランス)の実装が始まっています。テスラは顧客体験を高めることで顧客から圧倒的な支持を得ていますが、エンベデッド・インシュアランスの分野でも優位性を発揮し、勝ち組としてのポジションを確固たるものにしそうです。
イノベーション

製品開発時に完璧を求めてはいけない理由

最初から完璧なものをつくろうとすると気が重くなり、やる気が萎えてしまいます。そんな時には、失敗を繰り返すことが成功への近道だと考え、最初の一歩のハードルを下げるのです。アイデアを頭の中に溜め込むだけでは、よい製品は決して生まれないのですから、まずはアウトプットをスタートすべきです。
イノベーション

倒産危機を回避したテスラの利益イノベーションとは?

長年赤字に苦しんできたテスラは利益イノベーションを起こすことで、自動車会社で世界一の時価総額を誇るようになりました。テスラは、顧客を明確に夕一ゲティングし、その顧客が最大限に価値を感じる電気自動車を提供し、価値創造を行うだけでなく、余った温暖化ガス排出枠を他社に販売することで、利益をあげられるようになったのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました