読書会 恵比寿「too read」昨日4月7日実施して、気付きをいろいろいただきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日4月7日に定期的に恵比寿でやっている読書会
[too read]を実施しました。
読書会[too read]は参加者が一人一冊
書籍のプレゼンテーションを5分実施します。
その後フリートークでその書籍の議論をして
書籍をメンバーでシェアします。
それを人数分を繰り返します。

昨日は私も含めて4人が参加
熱い議論が繰り広げられました。
読書会のメリットは

1 他者の推奨でいろいろな本に出会える。 
2 自分とは異なる世界や考えを教えてもらえる。
3 読んだ本のアウトプットするために本を熟読し、 内容理解が深まる。
4 書籍に関しての他者からのフィードバックで、気付きをもらえる。

人間を成長させるためには

1 本を読む。
2 人に会う。
3 旅行する。

がよいと言われていますが
読書会はこれの1と2をクリアーにしてくれています。
読書会は本の幅を広げることと
人と議論することで脳を活性化させるという
効果もありおすすめです。

因みに昨日は東北大震災の後ということもあり
日本をどう再生させるかなど相当議論が盛り上がりました。
書籍のブレストをしながら最終的には今回のボランティアの
アクションプランや関係者の紹介などまで議論が進んで
実りある読書会になりました。

読書会は私の世界観を広げ、成長させてくれるリアルイベントです。
昨日の参加メンバーの方に感謝申しあげます。

また、一緒に主催してくれている安藤さんが
昨日の書籍を整理してくれています。
こちらのフェイスブックページをご覧ください。

また参加メンバー募集していますので
ぜひ、[too read]にご参加ください。

個人的には「FREE TOKYO~フリー(無料)で楽しむ東京ガイド100 (P‐Vine BOOKs)
を読んでみたいなと思いました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る