iPhone4SのSiri Googleのシュミット会長が脅威だと発言。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

iPhone4Sを購入して、一番嬉しかったのが
Siriを使えるようになった事です。
私同様、買われた方はSiri目当ての方が多いように思います。
実際、twitterやFBのコメントでも
Siriの使用レポートが目につきます。

まだ、日本語化されていないため
みなさんSiriを現状、英語で使っているようですが
結構苦労している方もいるようです。
実は、私もそうなんですが、発音を認識してくれません。
英語の発音が全然だめだということを
私に改めて認識させてくれたのが
AppleのSiriだったという笑えない話です。
発音を良くするのが先か、日本語か先かという感じです。
早くこの動画のようにお洒落な体験を
サクサクとSiriでしてみたいですね。

そのSiriに関して
GoogleのSchmidt会長が脅威だとコメントしています。

以下cnetから引用します。

「AppleのSiriは著しい開発成果である。
音声によって『iPhone』を介して回答を得るという方法は
検索における革新を表すものである」と述べた。
「Googleには多くの強力な競合相手がおり、時にわれわれは、
情報アクセスの新しい手法によってもたらされる競争上の脅威を見落とすことがある」
(Schmidt氏)

Siriが日常で使われるようになると
ユーザーのGoogleの滞在時間は短くなりそうです。
広告ビジネスを収益の柱にしているGoogleには痛い展開になります。
今後のGoogleの巻き返しにも期待したいところです。
AppleとGoogleの戦い、スティーブジョブズ亡き後も熱くなりそうです。
当然、Facebookの動きも身になりますね。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る