自分を超える法の書評 ピーター・セイジのチャレンジマインドから勇気をもらう。#ピーターセイジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「聞いただけでは何も変わらない。
知っていても行動しないなら、知らないのと同じなのです。」
世界NO.1コーチのアンソニー・ロビンズ
史上最年少トレーナーのピーター・セイジ
この言葉は私の大好きな言葉です。

この正月休みに久々にピーター・セイジ自分を超える法を読んだのですが
不安定な世界にチャレンジすることの素晴らしさを
改めてこの書籍から教えてもらえました。。

この自分を超える法ピーター・セイジ
アンソニー・ロビンズ6ヒューマンニーズをわかりやすく説明しながら
「成功とお金を手に入れる5つの法則」を私たちに教えてくれています。
因に6ヒューマンニーズは人間が生きる上での真のモチベーションとなりうるもので
これを理解すれば、良い人生を送れるのです。
1 Certainty 安定性 
2 Uncertainty/Variety 不安定性、多様性 
3 Significance 自己重要感 
4 Love/Connection 愛ときずな 
5 Growth 成長・向上 
6 Contribution 貢献

ピーター・セイジ自分を超える法
この6ヒューマンニーズをわかりやすく説明しながら
以下の5つの成功法則を私たちに教えてくれています。
■法則1「成功の心理学」 
→「成功は80%の心理学と、 20%のシステムまたは戦略から構成される」 
■法則2「お金のつくり方」 
→「お金」や「ビジネス」に関する考え方を変える方法
■法則3「リーダーシップを高める」
 →リーダーシップを高めるために必要な 「感情のマスター法」を習得する、
■法則4「世界観をつくる」
→人生に力を与えるような考え方ができるよう 「世界観のつくり方」がポイント。
■法則5「競争に10倍強くなる文章術」 
→現在は「文章を書く力」が求められている。 効果的に伝わる「文章術」が大事。

今日はこの中の法則1の「成功の心理学」についてまとめてみようと思います。
ピーター・セイジは自分を超える経験をするためには
自分と向き合うだけで良いと言います。
そのときに6ヒューマンニーズを使いながら自分への質問を繰り返すのです。
以下、自分を超える法から引用します。

あなたのシーソーはどんなバランスですか?左右のバランスが自分にとっていちばん取れていると感じるのは、「どのポイント」でしょうか? もし、「安定感のほうに過度に傾いた人生」を送っているのであれば、今すぐに覚えてほしい言葉があります。「人生の質は、あなたが居心地のよさを感じられる、不安定感の量に正比例する」 いいですか?これは、非常に人切なことなので、もう一度いいますよ。「人生の質は、あなたが居心地のよさを感じられる、不安定感の量に正比例する」 つまり、「居心地よいと感じられる程度の不安定感の領域」が多くなればなるほど人生の質が高くなる、ということです。私は世界最高の成功のコーチ、アンソニー・ロビンズからこの言葉を学びました。そして、この言葉を聞いたとき、私は「弾丸」で眉間を射抜かれたように感じたのです。「人生に確実なものなど何もない」ということを理解すればするほど、この言葉がいかに真実であるかがわかるようになるでしょう。

確かに今の日本の社会を見ていても、人生に確実なものはありません。
過去と同じことを繰り返しても、 成功は手にはいらなくなっています。
そのときには、いつもと違う不安定に身を置き、変化するために
チャレンジすることが重要になっています。

なぜなら、ビジネスは、他のどんな分野よりも、「確実さを見つけることができない領域」だからです。「新しいビジネス」を開始すれば、予想外のことや事業計画書に書かなかったことが、次々に起こってきます。 あなたの人生で、「不安定感」にうまく対処していくことができればできるほど、「あなたの人生の質」は上がっていくでしょう。だからこそ、たったーつの成功への究極の答え…、それは、「『不安定感』にうまく対処していくこと」なのです。 

ピーター・セイジが言うように筋書きがないストーリー
不安定なことにチャレンジするから人生は楽しいのかもしれません。
不安定な状態でチャンスを掴めれば、成功する確率が高まります。
人がやらない新しいことを決断するには勇気が要ります。
そして、勇気を出す方法をピーター・セイジは以下のように整理してくれています。

今、下さねばならない「決断」や、しなければならない「選択」はありますか?あなたにとってそれが何であれ、決めるのは「今この状態になった瞬間」です。背筋を伸ばしてそこに立ち、2本の足をしっかりと人地に植えつけ、前を向き、今直面している「試練」と向き合つのです。その状態からなら、あなたは何でもできることを知ってください。 もう一度息を吸い込んで、笑ってください。そして肩の力を抜いてリラックス。手を振りほどいてください。気持ちよさを感じて。エネルギーを感じて。体に残っているエネルギーを感じて。発光しているエネルギー。命の通り道。「不安定感に対処できるという絶対の安定感と確信」があれば、そのときから、あなたはまったく違う人生を歩みます。

成長するための唯一の方法はチャレンジすること。困難に立ち向かうことなのです。
成功者の多くは、多くのチャレンジをし、多くの失敗が不可欠なのです。
そして、失敗に出会えたときにそれを成長のチャンスだと受け止められればよいのです。
いわゆるピンチャン(ピンチはチャンスだと思える力)ですね!
そして、この成長が世の中への貢献になっているのです。
貢献できることが最終的には人生の充足感に繋がり
どれだけ充足感を味わえるかがポイントになるのです。

6ヒューマンニーズの貢献こそが真の意味での充足感を得られるニーズなのです。
そして、アンソニー・ロビンズ「力(パワー)というものは、
世の中に貢献したいという思いの強さに比例して与えられる」と喝破しています。
他者への貢献を基軸に考えると、すべてが好転し始めるのです。


アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから
キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

ソーシャルおじさんのFBページはこちらから

Photo credit
スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る