happy@work 情熱的に仕事を楽しむ60の方法(ジム・ドノヴァン著)の書評

ジム・ドノヴァンの新刊のhappy@work 情熱的に仕事を楽しむ60の方法が面白いです!!
若いうちにこの本を読むと、単調な人生にさっさとサヨナラができるはずです。
50歳を過ぎた私でも、ドノヴァンの実体験に基づいた多くの原則から刺激をもらえました。
人生を変えたい人に、おすすめの一冊です。
スクリーンショット 2015-04-10 9.30.35
退屈な人生を変えるために、私たちはどうしたらよいでしょうか?
ドノヴァンは以下のようなアドバイスを私たちに与えてくれています。

聡明なはずの人たちが、ワンパターンの日常を変えられなくなり、変化のない日々を繰り返している。同じ通勤ルートで職場に向かい、同じ場所で朝食をすませるなど、決まったパターンをほとんど崩さない。職場や学校と自宅の往復ばかりで、いつもの仲間と過ごし、いつものイベントに参加する。聴く音楽、観るテレビ番組も変わらない。そうなると、退屈なのが当然だ。職場や家庭での生活をもっと充実した、愉快なものにしたいなら、いつものパターンを抜け出すことから始めよう。そうすれば創造力も刺激される。毎日のパターンや習慣を変えれば 、脳内には新たな神経結合が生まれるからだ。(ジム・ドノヴァン)

ワンパターンの毎日を、まずは、小さな一歩から変えてみましょう。
決まった行動を続けていれば、退屈なのは当たり前です。
■通勤経路を変える。
→景色が変わると、ヒントになるビジュアルが飛び込んできます。
■読む本のジャンルを変える。
→新しい著者の本から刺激を受けましょう。
いつもと違うジャンルの本を読むと思考が変わります。
■会う仲間を変える。

会社以外の人に会えば、面白い話が聞けるはずです。
異業種、世代を超えた新鮮な交流を心がけましょう。
■カフェやレストランを変えてみる。
いつもと違う空間に行くことで、気分が変わります。
五感を使っていつもと違う料理を食べると脳に刺激を与えられます。
■あえて居心地の悪い場所に行ってみる。
違う場所に行くことで脳がいつもと違う動きをしますから
新しい発見や体験ができるのです。
アウェイに勇気を持って出かけることは、案外効果があるのです。

不思議なもので人間の脳は、放っておくと前日と同じ行動を取ろうとします。
ワンパターンの行動になりがちなのは、脳が楽をしようとするからです。
人生を刺激的にするためには、いつもと同じ生活を送っていてはダメなのです。
未来を過去の延長線にしないためには、悪い習慣を今すぐやめるべきなのです。
何かを変えたいなら、小さなことでも前日とは違うことをやってみましょう。
悪い習慣だと思っているものを良い習慣に置き換えていくのです。

毎日の習慣を変えることで、未来を変えられるのです。
実際にアクションを起こしてみれば
新しい気づきを得られ、ワクワクできるようになります。
TVを見るのをやめて本を読む!
飲み会ではなく、読書会に参加する!など行動を変えてみましょう。
単調で退屈な生活を今日でやめると決心すればよいのです。

さあ、今まできていないことを書き出して、リストにしてみましょう。
それを一つ一つ行動に移して、ワンパターンの生活から抜け出すのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  

photo credit: Crossing Road Grunge Sign – Heart-Stricken via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る