質問力を鍛えて行動を最大化すると、何が起こるのか?happy@work 情熱的に仕事を楽しむ60の方法の書評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ジム・ドノヴァンhappy@work 情熱的に仕事を楽しむ60の方法の中に
人生を楽しくでき、満足感を高める質問が紹介されていました。
ワクワクできる質問を自分に投げかけると、行動を起こしやすくなります。

仕事から満足感を得られているだろうか?人の役に立っているだろうか?もっと満足感を高めるには、何ができるだろうか ?自分の仕事の重要性をどのように認識していようとも、何かの役に立つ、かけがえのない要素なのだ。そのことがわかれば、仕事に喜びや意義を感じられるようになる。気分が高揚し、幸せにもなれる。(ジム・ドノヴァン)

スクリーンショット 2015-04-11 12.29.57
何かの役に立つ、誰かに貢献できると人から感謝されるようになります。
この感謝が私にとっての行動のモチベーションになっています。
しかし、やりがいを感じても解決策の思いつかない難しいテーマが増えているのも事実です。
最近は世の中が複雑になっていますから、案件もどんどん難しくなっています。
そういった課題は、どうすれば解決できるのでしょうか?

やりがいのある課題がめぐってきたとき、それを避けるのではなくて歓迎しよう。それをチャンスに変えるために何ができるかを自問しよう。(ジム・ドノヴァン)

大きな課題が来た時には、躊躇せずにやろうと決める(歓迎する)ことが大事です。
自分にはできないと制限を設けると、すぐに断りたくなりますから
自分にはできる!と考えることが大事です。
できる!と思った瞬間に潜在意識が過去の体験と知識から
正しい答えを導いてくれるのです。
この意識を持てば、チャンスが巡ってくるようになります。
難しい課題が来たとしても、まずは、はいと答えた後で
できる仲間を探して、チームで取り組めば良いのです。

わたしがずっと前に学んだ素晴らしいテクニックは、 「問題」を 「やりがいのある課題」と言い換えることだ。たんなる言葉のトリックのように見えるかもしれないが、よく聞いてほしい。「問題」なら避けたくなるが 、「やりがいのある課題」なら、思い切って乗り越えようとする対象となる。

また、ジム・ドノヴァンは言葉の言い換えが効果があるといいます。
問題とは思わずに、やりがいのある課題と言い換えることで
思い切って乗り越えてみようと思うのです。
言葉を変えることで、人間は意識も変えられるのです。

これはいろいろなシチュエーションで応用できます。
朝から自分に行動を促す質問することで、朝時間を有効活用できます。
今日の課題をやりがいに置き換えられれば、すぐに起きられます。
そして、それを、楽しんでいるワクワクな自分をイメージしてみましょう。
小さなことでも良いので、すぐにアクションを起こして
1日を軽やかにスタートすれば、課題がたいしたものに思えなくなります。
朝の質問をドノヴァンは次のようにすると良いと書いています。

たとえば 「今日はどんな嬉しいことが待っているだろう?」 「どんなことに感謝できるだろう?」と考えるだけで、いつもより前向きな気持ちで一日が始まる。ところが逆に 「なぜ今日は仕事に行かなければならないのだろう?」 「なぜ早起きしなければならないのだろう?」と気力が失せるようなことを考える人が多すぎる。せっかくの一日の始まりが台無しで、浮かない気分になるだけだ。

自分に対する良い質問と言葉の言い換えを習慣化すると
行動を最大化でき、人との出会いを作り出します。
多くの行動は、経験と人脈につながり、学びからは知識を得られます。
この経験と人脈と知識が増えれば増えるほど、チャンスが引き寄せられてきます。
これで自分にも自信が持てるようになり、行動をより促せるようになります。
行動する時間を増やせば、それだけチャンスが増え、夢が実現する可能性が高まるのです。

自信を持って夢に向かって前進し、思い描いている自分自身の人生を生きようと努力すれば、想像していたよりはるかに大きな成功にめぐり会うだろう。(ヘンリ ー・デヴィッド・ソロー)

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  

photo credit: Ann Coulter via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る