アルフレッド・アドラーの言葉でハッピー脳を作り出す方法

どうしたらみんなを喜ばすことが出来るかを、毎日考えるようにしなさい。そうすれば憂鬱な気持など、吹き飛んでしまいます。反対に自分のことばかり考えていたら、どんどん不幸になってしまいますよ。(アルフレッド・アドラー)

スクリーンショット 2015-08-12 12.30.39
つらいことがあると、ついつい自分中心の思考になってしまいます。
人は自分は悪くない、相手が悪いのだと!決めつけがちですが
これがコミュニケーションを悪くする原因なのかもしれません。
当然、相手も同じことを思っていますから、これではらちがあかないのです。

私は、困難にぶつかった時には、アルフレッド・アドラーの書籍や
名言メモをEvernoteで読み返すのですが
彼の言葉によって、あっという間に元気を取り戻せます。

相手の言動や行動に傷つき落ち込んでいても、未来を変えることはできません。
自分を変えることはできても、人を変えることは難しいとアドラーは喝破しています。
相手を変えられないとイライラするのは、時間の無駄で無意味なことなのです。
それよりも、問題の解決策を考えたほうが、はるかに良いに決まっています。

また、アドラーは、原因ばかりを追求していても、意味がないと以下のように言っています。

問題の原因などどうでもいい。大切なのは解決策とこれからどうしたいかだ。

自分のことばかりを考えるのを一回やめて
明るい未来をイメージすると良いことが起こり始める!と
最近では、考えられるようになりました。
不思議なことにアドラーの言葉を読むと、そう思えるようになるのです。

相手が喜ぶ姿をイメージして、解決策を考えると
脳が明るくなり、気分もハッピーになります。
脳がハッピーになれば、良いアイデアも浮かんできますから
嫌なことがあったら、すぐに気分転換を心がけ、良いイメージを思い浮かべてみましょう。
相手を責めるをやめて、その人とのワクワクな未来をイメージしてみるのです。

自分だけでなく仲間の利益を大切にすること。受け取るよりも多く相手に与えること。それが幸福になる唯一の道だ。

アドラーは幸福になるための方法論をいくつか書いていましが
受け取るよりも、与えることだと書いています。
相手への貢献を考えることで、良いイメージがどんどん湧いてくるようになります。
Takeではなく、Giveすることが、幸せのための唯一の道なのです。

幸せの三要素は、自分自身が好きかどうか。よい人間関係を持っているかどうか。そして、人や社会に貢献しているかどうか。

また、アドラーは幸福になるための三要素をまとめています。
自分に価値を感じ、自分自身を好きになること!
■良い人間関係を持つこと!
人や社会に貢献しているかどうか!
この整理は、とてもわかりやすいですね。

自分の可能性を信じて、周りの仲間に貢献することで
やがては、自分のもとへ幸せが引き寄せられるようになるのです。
アドラーの言葉を定期的に読むことが、私にとっての良い気分転換になっています。
彼の言葉を読み続けることで、ハッピー脳が作れるのかもしれません。

今日も読んでいただき、ありがとうございます!
   
Photo Credit

photo credit: Happy Daze via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る