人生をハッピーにしてくれるデール・カーネギーの7つの言葉と幸福優位7つの法則(ショーン・エイカー著)の書評

習慣化

世の中の人は誰でも幸せになりたいと思っている。それを手に入れる方法が1つある。それは自分の気持ちの持ち方を変えることだ。(デール・カーネギー)

スクリーンショット 2015-09-06 10.14.58
日曜日のダラダラ気分を打破しようと
今日は大好きなデール・カーネギーの言葉を読んでいます。
デール・カーネギーは、心の持ち方(思考)によって
人生を変えられると教えてくれています。
たとえ、人生が底に行ってしまったとしても
後は上昇するだけだと気持ちを強く持とうという彼のメッセージから
私はいつも元気をもらっています。

忘れてはいけない。幸せはあなたが何者であるか、あるいは、何を持っているかによって、決まるのではない。何を考えるかによって、決まるのだ。(デール・カーネギー)

多くの幸福論は、物やお金では、幸せにはなれないと言います。
その際、ポイントになるのが、実は、自分の思考なのです。
幸せだと思えば、ハッピーマインドが行動を促し、良い結果を生み出すのです。
これは、「ハピネス・アドバンテージ」という考え方なのですが
幸福感を持っている人間の方が
不幸な思考の人よりも優れた結果を出すという研究結果が紹介されています。

以前、このブログでも紹介した幸福優位7つの法則ショーン・エイカー著)に
書かれているのですが、幸せだと思って、自分のやりたいことをやれば
おのずと幸せになれるというデール・カーネギーの考え方が
ハーバード大学のショーン・エイカーによって実証されたのです。

他人の短所を見れば、憂うつになり、他人の長所を見れば、人生が楽しくなる。(デール・カーネギー)

気持ちの持ちかたで、人間関係もポジティブに変えられます。
他者とのコミュニケーションを通じて、ちょっと良い気分になれたら
私たちは、いつでも幸せを感じられます。
人の短所ではなく、人の長所を見ることで、それを簡単に実現できます。
また、相手の長所を褒めることで、その人との関係は劇的に改善されるのです。
嫌な人だと思わずに、相手の長所を見ることを習慣化してみることで
私たちは、幸せをいつも実感できるようになるのです。

感謝の言葉をふりまきながら、日々を過ごす。これが友を作り、人を動かす妙諦である。(デール・カーネギー)

その際、相手に対して感謝の気持ちを持つと良いかもしれません。
ショーン・エイカーは、ポジティブ・テトリス効果と呼んでいる法則
(テトリスをしていなくても、テトリスのことをついつい考えてしまうこと)を応用し
感謝の気持ちを習慣化してしまうのです。
毎日、仲間に感謝するようになると、人の良い点が目に入ってくるようになります。 

私たちは、生活の中のより好ましい面を探すように、脳を再訓練することができます。そうすれば、より多くの可能性に気付き、より多くのエネルギーを感じ、より高いレベルで成功を収めることができます。(ショーン・エイカー)

私は、毎朝、感謝日記をつけることで、良いことに気づけるようになり
幸せ気分でいる時間を、今まで以上に長くできるようになったのです。

楽しそうに振舞っていると、いつか本当に楽しくなる。物事に熱中するにはこの手に限る。仕事にしろ会議にしろ、「面白くてたまらない」といった態度でとりかかれば、いつの間にか本当に熱中している自分に気がつくものだ。(デール・カーネギー)

大きな目標を達成するのは、なかなかたいへんなのですが
まずは、その目標を楽しいと思うことがポイントになります。
仕事でも会議でも、それ自体が面白いと思うようにすれば
いつの間にかそれに熱中できるのです。

読書でも、ブログでも始める時に、楽しいと思って
スタートすると、脳がワクワクして、あっという間に集中できます。
(幸福感をもって、始めてさえしまえば、結果がついてくるのです!)
幸せだと考えてスタートするだけで、よいのですから
このポジティブ・マインドをさっさと手に入れましょう!

悪い習慣は、打破することが出来るし、良い習慣は、身につけることが出来る。(デール・カーネギー)

ショーン・エイカーは、TVリモコンの電池を抜いて
リビングから20秒の距離の引き出しにしまうことで、TV(悪い習慣)をやめられました。
その代わりに、本を近くに置いて、本を読むこと(良い習慣)を習慣化しました。
20秒という億劫な動作(20秒ルール)を取り入れることで、悪い習慣も撃退できるのです。 

現在では、20歳どころか人生のかなり後期に至っても脳は変化させることも鍛えることもできる、ということが科学的研究によって分かっている。私たちは22歳であろうが72歳であろうが、新しい習慣を獲得してその恩恵を受けることができるのである。(ショーン・エイカー)

そして、それは何歳からでも実現できるのです。
もし、長年の悪い習慣をやめたいのなら、その原因を見つけて
20秒ルールを使って、打破しましょう。
その日から、人生を幸せなものに変えられるはずです。

今日はデール・カーネギーの名言と
幸福優位7つの法則ショーン・エイカー著)を使って
幸せになる方法を考えてみました!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

ショーン・エイカーの関連記事
    

photo credit: Happy Happy Cookie via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント