未来とは、今である。(マーガレット・ミード)

スクリーンショット 2016-02-27 18.05.17
「今」は、常に「過去」の積み重ねからできています。
「過去」の選択が「今」を作っているのです。
「未来」は「今」の選択によって、全く変わった形になるのです。
良い選択が、明るい未来を約束してくれます。
このルールを理解できると、「今」という時間を大切にしたくなります。

人生を成功させるためには、未来の目標を明確にすることがとても大切です。
できるだけ大きな目標をつくり、そのイメージを具体的に書いていくのです。
そして、それに向かって日々何をしていけばよいかを決めていくのです。
大きな目標をつくっても、何も行動を起こさなければ、未来は変えられません。
夢を実現させようと、行動を起こすと、多くの引き寄せが始まります。
本気で目標を達成しようとすると、アイデアが生まれるようになるのです。

何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作りあげる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、ハシゴは生まれない。(松下幸之助)

夢を実現するためには、熱意も必要です。
特に、起業家にとって、パッション(情熱)は必須のスキルです。
中途半端な気持ちでは、アイデアは生まれてきません。
絶対に実現させるという強い意志が、脳のスイッチをオンにします。
アイデアが生まれたら、周りの人に話して、すぐに仲間のサポートを受けましょう。
ソーシャルメディアやブログを活用して、スピーディーに環境を整えていくのです。

ソーシャルメディア時代はクラウドファンディングやクラウドソーシングの力で
一気に資金やスッタフを集め、サービスを展開できます。
ムーアの法則通り、製造コストも日々下がっています。
このような時代の変化の中では、明日やろうという先延ばし癖が
実は負け組の入り口になりかねません。

面白いアイデアを考えたら、すぐに仲間に話して、協力者を得るのです。
コンセプトを明確にして、それによって変わる未来のイメージを
わかりやすいストーリーにして、周りに話すのです。
未来と今のギャップがそのアイデアでうめらられば、可能性が広がります。
サービスが形になってきたら、一気にプロダクトにし
ユーザーの反応を得ながら、改善を図っていくのです。

時代の変化は、イノベーションのプロセスを一気に変えてしまいました。
製造コスト、情報コスト、実験コストの低減が
ユーザーと起業家の距離を一気に縮めてしまいました。
指数関数的技術の経済学が、世界を一気に変えてしまったのです。
未来は間違いなく、今つくられているのですが
そのスピードがかつてなく早くなり、今までの常識が通じなくなっています。
既存の経営者が信じていたルールが通用しなくなったのです。
起業家や経営者は、アイデアをできるだけ早く具現化して
一気にマーケットに問う必要があるのです。

失敗であれば、すぐに失敗とわかる。成功すれば、初期ユーザーは協業者や、時には投資家の役目までも担い、製品やサービスを一気にメインストリーム市場へと押し上げる。破壊的製品ややサービスが登場すると、競合にはもはや打つ手がない。成熟産業のサプライチェーンが供給する製品は突然陳腐化して輝きを失う。既存企業はたちまち打撃受け、破綻の危機にさらされる。(ラリー・ダウンズ/ポール・F・ヌーネス)

ビッグバン・イノベーション(ラリー・ダウンズ/ポール・F・ヌーネス著)には
今の時代に必要な経営センスが詳細に説明されています。
本書には、共感し、とても刺激を受けてるのですが
読了後に、冒頭のマーガレット・ミードの名言を思い出しました。
驚くことに、IoT、ビッグデータ、ソーシャルメディアの力を活用したIT企業や
ベンチャー企業が業界大手を次々駆逐しています。

Google Mapsは、短期間でナビゲーション機器メーカーに壊滅的打撃を与えました。
ウーバーは、移動という概念を変え、タクシーだけでなく物流までも
変えていくことが予測されています。
本書ビッグバンイノベーションは、圧倒的な短期間で
市場の全てが書き換わることを私たちに教えてくれます。

本書を読むことで、IoT、シャエアリングエコノミー、クラウドソーシング
クラウドファンディング、オープンイノベーションなどの本当の価値を理解できます。
本書には、新聞や雑誌の断片情報ではわからない未来が紹介されています。
今のテクノロジーや時代背景を理解した起業家が、マーケットを数日で変えてしまうのです。
キャズム理論が終焉し、ビッグバンイノベーションの時代にシフトした事実を知らなければ
これからの経営者は勝ち残れません。
本書で、未来の勝者になるための方法を学びましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
  スクリーンショット 2016-02-14 14.42.41  

photo credit: via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る