• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鍛えるのではなく、日常を大きく変える事。(高城剛)

スクリーンショット 2016-03-03 13.28.01 

痩せるためには、食べることだけでなく
日常の生活をコントロールすることも大切です。
私たち現代人は、便利すぎる日常生活を送っているため
気を抜くとすぐに太ってしまうのです。

運動もそうですが、便利すぎる日常生活を大きく見直さなければ、いくら食事に気を遣っても仕方がありません。僕自身、かつての車を中心とした生活をやめ、すでにそれなりの年月が経ちますが、今一度都会での移動を見直す時が訪れたように思います。

先週末から、ドバイに滞在していますが
移動が車中心になるため、歩く距離が激減してしまいます。
先ほど読んだ高城剛氏のメルマガがタイムリーに健康ネタだったため
ドバイでの運動不足を猛烈に反省するきっかけとなりました。

普段日本では、歩くことを意識して、自分をコントロールしていますが
ドバイでは、なかなかそれができません。
食事も野菜を中心に食べるようにしていますが
量が多く、ついつい食べ過ぎてしまいます。
また、会食が多いため、摂取カロリーも高くなりがちで
少し体重が増えてしまったようです。
帰国したら、再度、自分の生活習慣を見直して
理想の体型を取り戻そうと思います。

この数百年間、人間の身体はまったく変わった様子はありませんが、運動量と食事は著しく変わったのは間違いありません。 最近、原始時代の食生活に戻る「パレオダイエット」が流行っていますが、現代の生活環境では、原始時代どころか50年前の日常生活運動量に戻るのも厳しいと実感します。

高城氏は、この数百年間、人間の身体は変わっていないと言います。
実際、原始人は狩猟や採集のため、一日に8kmから16km歩いていました。
この結果、人間の脳は進化し、どんどん発達したのです。

ピッツバーグ大学の調査で、運動が海馬の体積を大きくしていることがわかりました。
有酸素運動によって、脳由来神経栄養因子(BDNF)が作られるのですから
私たちは普段からもっと歩くべきなのです。

脳を鍛えるには運動しかない!(ジョン J. レイティ、エリック ヘイガーマン著)を読んで
私はBDNFのために、1日に10kmから15k歩くようにしていましたが
残念ながら、ドバイではなかなかこの距離を達成できずにいます。

現代の生活環境の中では、自分に厳しくしないと
健康体をキープするのが、難しくなっています。
普段の生活の中で、いかに歩数を増やせるかが鍵になります。
日本に帰ったら、車移動を減らしたり
エスカレータの使用をやめて、階段生活に戻ろうと思います。
痩せるためには、食事の改善と日頃の生活習慣のチェックがポイントになります。
ドバイで身についた悪い習慣を、元のよい習慣に置き変えたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
   
Photo Credit photo credit: 11 healthy dishes for under £1 via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る