瞑想を採用する企業が成長する理由 マインドフル・ワーク(デイヴィッド・ゲレス著)の書評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私たちは集中力を鍛えることにフォーカスしています。何かが浮かんできても、すぐにやり過ごせるように。(ローラ・フリード)

スクリーンショット 2016-05-26 18.19.26
マインドフル・ワーク―「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える

デイヴィッド・ゲレス著)には、瞑想を取り入れて成功した企業の事例が紹介されています。
瞑想によって、私たちは成長できるのです。(以下主な効果を書いておきます。)
■免疫力を高められる。
■集中力を向上できる。
■ストレスに強くなれる。
■人に対して思いやりの心で接することができる。
■記憶力を高められる。

自分たちの個々の能力だけでなく、瞑想で組織も強くできます。
Google、Apple、Facebook、イーベイなどの
IT企業が瞑想を取り入れ、社員の力を引き出しています。
先進的な企業だけでなく、アメリカの一般企業でも、成功例が増えています!
本書に紹介されているGreen Mountain Coffeeのケーススタディを読むと
メーカーやサービスなどの日本企業も採用すると効果が現れそうです。
冒頭の同社のローラ・フリードの言葉から
瞑想が集中力を高め、生産性をアップさせることがわかります。

実際、グリーンマウンテンコーヒーでは、瞑想が多くの社員によい影響を与えています。
それぞれの社員の力を引き出すことで、会社は成長を続けているのです。

経営幹部はより良いコミュニケーション能力を身につけ、中堅社員は集中力を高めることができた。そして何より数千人の作業員たちのストレスが軽減された。マインドフルネス・プログラムを企業収益と直接結びつけるのは少々行き過ぎかもしれないが、グリーンマウンテンは業績も好調だ。瞑想が株価を押し上げるわけではないものの、マインドフルネスを導入してから5年間で、グリ ーンマウンテンの株式時価総額は、一時期15倍になった。(デイヴィッド・ゲレス

瞑想を取り入れることで、社員がそれぞれの立場で力を発揮してます。
リーダーは思いやりの心を持って、部下に接したり
中堅社員はタスクに集中することで、ビジネスのスピードをアップしています。
そして、何より多くの社員がストレスを軽減できたというのがすごいですね。
本書を読んで、日本でもこの動きを取り入れるべきだと思った次第です。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。
瞑想の関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る