• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

脳の機能をいつまでも維持したいのなら、睡眠は絶対におろそかにしてはいけません。脳がいつも通りの力を出すには睡眠が不可欠。もし、睡眠時間が不足したり睡眠の質が悪くなったりしたら、脳のパフォーマンスはたちまち低下してしまいます。(奥村歩)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-17-48-24
photo credit: the-mm Shhhh! Sleeping via photopin (license)

今年の私の目標の一つが、規則正しい生活をすることです。
特に、良質な睡眠を確保することを意識し、早寝を心がけています。
奥村歩氏は夜間の睡眠の最中に脳は、重要な働きをしていると指摘しています。
疲労物質の代謝や脳細胞の修復などさまざまなメンテナンス作業が行なわれているため
睡眠を削りすぎると脳に大きなダメージを与えてしまうのです。
睡眠が不十分だと、メンテナンス作業が終わらないまま
整備不良の状態で1日をスタートしなくてはなりません。
これでは、脳は疲れたままで、生産性は上がりません。

整備不良の状態が何日も続けば、脳に疲労が溜まり、ミスを犯してしまい
ますます、忙しくなり、自分を追い込んでしまいます。
これを避けるためにも無理をするのはやめ、24時前には就寝するようにしましょう!
その分、朝の早起きを習慣にして、タスクを終わらせるようにするのです。

また、認知症の原因物質となるアミロイドβを除去する作業も
睡眠中に進められていることがわかっています。
アルツハイマーになりたくなければ、7時間程度の睡眠を確保する必要があるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

脳の老化を99%遅らせる方法 [ 奥村歩 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2016/12/16時点)

脳が疲れたとサインを出してきたら、無理をするのはやめ、さっさと眠るようにしましょう。
自分の脳の働きが少し悪くなっていると感じたら、仕事をそこでやめるのです。
この状態を続けると大きなミスを起こしてしまうのです。
睡眠不足の時にには事実確認を怠って、経験則で人は行動してしまいます。
理由は簡単で、現実の情報をキャッチする頭頂葉の働きが悪くなり
前頭葉が経験則で私たちを行動させているからです。
こういった時に。私たちは大きな問題を引き起こします。

結局、自分の生活を上手にコントロールすることが、ポイントになります。
生産性を高めたければ、7時間程度の良質な睡眠が必要になります。
今年こそしっかり眠ることで、去年以上に脳力を高め、自分の夢を実現したいと思います。

参考 奥村歩氏は脳の老化を99%遅らせる方法 疲れを脳にため込まない37の新習慣

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る