やり残したことリストを作れば、ワクワクな気持ちを取り戻せる!

習慣化

リストやマップをつくってみると、頭の中が整理されて「これ、意外にすぐ実現できそうだな」とか「実現に向けて計画をスタートしてみようか」という気持ちになってくるもの。(奥村歩)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-20-16-19
photo credit: taylormackenzie Handsome Fellas via photopin (license)

過去の人生を振り返って、「やり残したことリスト」を作ったり
「やりたいことマップ」を描くと、脳が活性化すると奥村歩氏は言います。
「ずっとやりたいと思ってきたけれど、いまだにやれずにいること」や
「時間があったらチャレンジしたいなと思っていたこと」を思い浮かべてみるのです。
時間をとって、リストに書き出してみると
多くの「やりたいこと」や「やり残していること」が見つかるはずです。

自分のやりたかったことを思い出すことで、ワクワク感を取り戻せ
自分の脳の中で化学反応が起こります。
自分との対話をしているうちに、子供の時の夢や
働き始めた時にやりたかったことが突然頭に浮かびます。
過去の強い思いが脳を刺激し、行動を後押ししてくれます。

過去にできなかった事でも、成長した今の自分なら達成できるかもしれません。
リストを見ながら、自分の人生のビジョンを思い描くのです。
ビジョンを持てば、たいていのことは実現できるはずだと考えてみましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

脳の老化を99%遅らせる方法 [ 奥村歩 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2016/12/16時点)

ビジョンを持つとは、自分の明るい未来を思い描くことです。
目標を達成するために、何が必要か?誰とするか?いつまでにやるか?を
プランニングすればよいのです。
大きな目標を小さく切り刻み、今できることからスタートしましょう。
ビジョンを持って、行動を始めれば、未来を自分のものに変えられます。

また、自分のやりたいことをアウトプットすることで
欲しい情報が手に入ったり、背中を押してくれる仲間が集まり始めます。
ワクワクなビジョンによって、周りの仲間が共感してくれるようになり
夢の実現スピードもどんどん速くなっていくのです。

ビジョンを持ち、デッドラインを決めることで、大きな力を獲得できます。
失敗しても、他者から批判されても気にならなくなるのです。
周りに締め切りを明らかにすると、集中力もアップし
ゴールに向かって邁進できるようになります。

2016年もあと10日ほどで、終わりを迎えます。
今年できなかったこと、やり残したことをリストに書き出してみましょう。
その中からやりたいことが見つかったら
来年まで待たずに、今すぐ行動を起こすのです。
その結果、ワクワクな気持ちを取り戻せ、来年をより良くできるはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
参考図書 脳の老化を99%遅らせる方法 疲れを脳にため込まない37の新習慣
奥村歩氏の関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

 

Loading Facebook Comments ...

コメント