• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「すぐやる」ということは、結局は時間と行動の関係性の話です。「人や状況に追われて過こしている時間」ではなく、「自分の意思で動いている時間」を増やしていくことこそが、人生を充実させるためには不可欠です。それはまさに「時間を制するものは、人生を制す」なのです。(塚本亮)

スクリーンショット 2017-02-01 7.20.57
photo credit: sniggie Start here via photopin (license)

塚本亮氏の 「すぐやる人」と「やれない人」の習慣書評を続けます。
すぐやるためには、当たり前ですが自分の主体性が不可欠になります。
今やること、今日中にやること、明日までにやることを明確にし
自分の行動をコントロールしなければなりません。
緊急性と重要性を鑑み、しっかりスケジュールを組みた立て
積極的に行動するようにしましょう。

人から頼まれた仕事すべてに即反応していると、どの仕事も中途半端になります。
これでは結果が残せませんから、理性的にタスクを整理する必要があります。
一旦、目の前のタスクを書き出すことで、自分の頭を整理できます。
衝動的に動く前に、今日中にやることを明確にし、一番重要な仕事に力を集中するのです。
これが戦略的なタスクのこなし方だと思います。
メールの対応なども本当に今すぐレスする必要があるのかを考えましょう。
目の前の重要なタスクを優先し、衝動的な行動をおさえることで
自分の時間を上手に使えるようになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 [ 塚本 亮 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/1/19時点)

塚本氏が指摘するように「今、自分にできることに集中すること」が本当に大事です。
その際、意志力をパワーアップすることを心がけるのです。
今すぐにやることを決め、マルチタスクをやめ、まずはそこに集中してみましょう。
行動を起こさない限り変化は生まれませんから
今すぐやることを決めて、動き始めるのです。

行動力というのは、行動によってより向上するものです。スパイラル状にぐるぐると大きな円を描いて、どんどんその円は大きくなっていきます。

自分の習慣を変えると決めて、行動を少しづつ増やせば、様々な結果が出始めます。
タスクを解決するための読書に時間を使ったり、答えを提示できる人を探してみるのです。
重要なことに時間をしっかりと配分し、それに集中していけば、結果は自ずと変わります。
小さな達成感が得られれば、行動するのが楽しくなります。
そのためには、ワクワクな仕事を見つけて
自分の意志で行動できるようにすることが大事だと思います。
人生を充実させられるような仕事をすること=環境を整えることを意識しましょう。

■セミナーのお知らせ
サンクチャリ出版さんとセミナーを開催します。
テーマ:ダメダメ人生から復活する方法
日時:2月9日19時 会場:千駄ヶ谷サンクチュアリ出版セミナールーム
詳細はこちらからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
塚本亮氏の関連記事はこちらから
本書の関連記事はこちらから

     
       

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る