アイデアは試さなければ、意味がない。

習慣化

私の問題は、アイデアがありすぎることでも、ワクワクが多すぎることでもなく、行動しようとしなかったことでした。このことを心の底から理解すると、面白そうだと思うアイデアを1つ選び、行動し、ベストを尽くすだけでいいのだとわかりました。(ヘンリ・ユンティラ)

スクリーンショット 2017-02-02 6.55.42
photo credit: anka.albrecht Smarties / Schokolinsen via photopin (license)

ヘンリ・ユンティラは、あなたの考えは、あなたをだます書評を続けます。
実は以前の私は、ヘンリ・ユンティラと同じで、全く行動ができませんでした。
いくつものアイデアが頭に浮かんでも、先延ばしばかりで、行動を起こせませんでした。
多くのブロガーから「徳本さんもブログを書くといいよ」と
アドバイスをもらいましたが、やらない理由を考えるばかりで、書くには至りませんでした。
結局、このブログをスタートできたのは、2011年で、4年以上も時間を無駄にしてしまいました。
しかし、勇気を持って、ブログを始めたことが、私の人生を大きく変えてくれました。

書評を書くことで、私のプログは成長していきました。
読者の声を聞いたり、著者や編集者に直接会うことで、多くの刺激を受けることができたのです。
書評を書くことで、新たな本にたくさん出会えました。
自分とは違う視点のフィードバックを受けることで、いろいろな気づきをもらえました。
多くの本を読み、ブログを書くことで、自分との対話の時間を増やせたことで
新しいアイデアがいくつも浮かび、それを行動に移すことでチャンスが広がっていきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あなたの考えは、あなたをだます [ ヘンリ・ユンティラ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/1時点)

前に向かってさえいるなら、よろめき、転んでも構いません。これからなにをすることになるのか、わからなくたっていいのです。1つのアイデアがうまくいかなかったなら、他のアイデアをいつでも試すことができます。でも、行動してみなければ、それらがどうなるか知ることすらできません。

もしも、あの時ブログを書いていなければ、今の私はなかったはずです。
書くと決めて行動を起こしたことが、私の人生をワクワクなものに変えてくれたのです。
ブログを書き始めることで、私は読者や著者、編集者と仲良くなれ
今までにない体験をすることができました。
読書会やセミナーを企画dすることで、多くの刺激を受けられました。
一つの行動がきっかけになり、多くのアイデアを試せるようになったのです。
何かを始めると次の面白いアイデアが浮かんだり
偶然、会った人からヒントをもらえたりします。
行動を起こさない限り、次のステップが見えてきませし、セレンディピティも起こりません。
本書で紹介されているチャールズ・F・ケタリングの言葉はそれをうまく言い表しています。

進み続けていれば、思いがけないところで、つまずくこともあるだろう。しかし、座っている人がつまずいた、という話は聞いたことがない。(チャールズ・F・ケタリング)

起業家はみな、成功よりも多くの失敗を経験しているはずです。
けれども、成功者たちには次に進み続けるという強い意志があります。
一度の失敗ではくじけない彼らの姿勢を見習いたいと思います。

■セミナーのお知らせ
サンクチャリ出版さんとセミナーを開催します。
テーマ:ダメダメ人生から復活する方法
アルコール依存症から脱出した私のメソッドを全てお話しします!
日時:2月9日19時 会場:千駄ヶ谷サンクチュアリ出版セミナールーム
詳細はこちらからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
ヘンリ・ユンティラの関連記事はこちらから

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント