• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

特定のタイプの人を引き寄せたければ、そういう人に意識を集中すればいい。そうすれば、あなた自身がそういう人になり、その結果、あなたは自分と同じような人を引き寄せる。(ジェリー・ミンチントン)


photo credit: Moira_Fee Shooting Salamanca via photopin(license)

自分の価値に気づくヒント書評を続けます。
自分とは異なる人や憧れの人と仲良くなるために
引き寄せの法則を使うとよいとジェリー・ミンチントンは言います。
理想の人たちに意識を向けることで、徐々に自分を変えられます。

私は本を出版する時に、この法則を活用しました。
周りの本を書いている人たちとの時間を増やし
彼らが何をしているかを観察しました。
当時の私はほとんど文章を書いていませんでしたが
著者として活躍している人たちは、隙間時間まで利用し、文章を書いていました。
そのための準備を欠かさず、様々なことに興味を示し、積極的にインプットしていたのです。

私は彼らのような努力をしていなかったので
インプットとアウトプットを徹底的に増やすことにしました。
読書、勉強会やイベントへの参加を意識し
インプットした情報をソーシャルメディアでアウトプットするようにしたのです。
これを続けているうちに、私は編集者からお声がけいただき
いつの間にか著者の仲間入りを果たしていたのです。

本当に引き寄せの法則が働き、私の人生はここから面白くなったのです。
人脈を変えるための引き寄せの法則によって、私は多くの著者と仲良くなれました。
サラリーマン以外の人脈が豊富になり、視点を多様化することができました。
様々なアイデアが浮かび、私は起業することを決意できました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分の価値に気づくヒント [ ジェリー・ミンチントン ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)

同類の人はいっしょにいると心地よさを感じるからだ。しかし、引き寄せの法則は使いようによっては両刃の剣となる。たとえば、自分の欠点についてずっと考えていると、それがますます力を持つようになるし、意地悪な人について考えていると、自分に災厄を招くことになる。このプロセスは神秘的でも魔術的でもない。自分が望む変化に意識を集中すると、その考えが脳裏に焼きつき、その変化をもたらす人やものに敏感に反応するのだ。

自分が望む変化を意識することで、思考と行動が変わります。
仲良くしたい人、理想の人たちとの時間を作ることで、より多くの刺激を受けられます。
彼らの良いところを真似して、自分を変えるヒントにしましょう。

逆に、自分をダメにする人たちとの付き合いは控えましょう。
悪い引き寄せが起こると人生が台無しになってしまいます。
自分に良い刺激を与えてくれる人との時間を増やし
どんどん自分に良い変化を起こしましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ジェリー・ミンチントンの書評はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る