リチャード・バンドラーの3日で人生を変える方法の書評④ #習慣化

ブログ

リチャード・バンドラーの3日で人生を変える方法の書評を続けます。
NLPのスペシャリストのリチャード・バンドラー博士も
感謝の重要性について書いていたので、少し驚きました。
人生がコントロールできたなら、次は感謝の気持ちを育むべきだと言うのです。
最近、このブログでも感謝について書くことが多いのですが
今、持っているものに、すでに持っているものに
感謝する気持ちを忘れないようにしたいですね。

以前より幸せな気持ちになり、人生をもっとコントロールできるようになったら、次はさまざまなものごとに感謝しましょう。手にしていないものに目を向けるのではなく、すでに持っているものの素晴らしさを知ってください。すると、持つものが少し増えたときに、はるかに満足を覚えられるようになります。


いくらお金持ちでも、自分の人生に起こっていることを
素晴らしいと考えられないなら、幸せになれないという話が
リチャード・バンドラーの3日で人生を変える方法には紹介されています。

私の知り合いに、億万長者になって引退しようと心に決めた人がいました。家族はいましたが、子どもの顔を見ることはめったにありませんでした。妻にさえ、ほとんど会いませんでした。結局、相当な財産を築いて退職しましたが、三カ月後にこの世を去ってしまいました。することが何もなくなったとたん、気がどうにかなってしまったのです。一日中、家にいて貧乏ゆすりのほか何もせず過ごすのは、彼には耐えがたい苦痛でした。彼は、いっそう素晴らしくなっていく未来をめざして生きようとしませんでした。そのうえ、金持ちになるというたった一つの目標を達成しようとして人生を無駄にしてしまいました。しかし実のところは、人生で今まさに起きていることをもっと素晴らしいと思うことこそが、彼には必要でした。それこそが本当の豊かさというものです。

金持ちになるという目標だけでは人生は豊かになりません。
金持ちになって、世の中のために何ができるかを考えておかないと
本当に寂しい人生になってしまうのです。
家族や仲間と距離のある生活、笑顔の少ない人生などは
いくらお金があっても、私にとっては無意味なものに思えます。

今の生活に感謝することも大事ですが
未来のために何も行動を起こさなかったら、どうなるかをイメージすることで
悪い習慣から抜け出せるとバンドラー博士は指摘しています。
ある種のショック療法が必要な場合もあります。

最高の人生を歩むのに必要なことを、もししなかったら起きるかもしれない悪いこと、それをかたっぱしから思い起こすのもいいと思います。ときには、悪い未来について考えることによって後押しされ、手にしたいもののほうへ突き進める場合があります。それから、望むことを詳しく鮮明にイメージして、夢を叶えるために必要なことをしてください。

私はかつてはアルコール依存症でしたが
7年前に自分の人生を変えるために断酒をしました。
そのときは健康になった未来の自分をイメージしていましたが
もし、断酒していなかったら、健康を間違いなく害していたと思います。
お酒を止めるときに太って不健康な悪い自分のイメージを打ち消して
絶えず、理想の体型の自分をイメージしていました。
また、当時は深夜帰宅が続いていたので、家族と幸せに暮らす自分もイメージして
お酒を飲まずに、早く帰宅することを習慣化したのです。

そして、断酒後、夢が叶い、書籍の出版や雑誌の連載が持てるようになったのです。

起きる可能性のあることを鮮明にイメージし、実現させようと決意すると、素晴らしいことを生み出せるようになります。ちょっと考えてみてください。昔はこの星に建物はありませんでした。でも今は、無数に建っています。かつては人々が地球の裏側に行く方法はありませんでした。でも今は、飛行機に乗って一日足らずで着くことができます。インターネットで世界中の人と顔を見ながら会話することもできます。

未来によいイメージを持つことで、素晴らしい結果を手に入れられるのです。
自分を否定せずに、よいイメージを持つべきだというバンドラー博士のメッセージを
私は今後も忘れないようにしたいです。

あなたの可能性は無限です。自由になると、あなたは望む人生を創造できるようになるのです。 何かをできると信じると、自分の世界が豊かになります。そして思いのままに、なれるはずの人間になり、できるはずのことができるようになります。生きている間、常に肝に銘じておいてください。自分には、考え方を変える自由、感じ方を変える自由、望むとおりの人生を創造する自由があることを。運命をコントロールしてください。そして、人生は自分の意思でコントロールできるものであるかのように行動してください。そのように行動すれば、そうなれるのです。

何かができると信じて、一冊目の本を書き上げてから3年が経ちましたが
今5冊目の紙の書籍と何冊かの電子書籍の準備をしています。
夢だった出版が定期的にできるようになったのも
自由な発想を自分が選択したからだと思います。
また、ブログを書くことを決めて、継続したことが
定期的な出版につながっているのです。
自分の意志をコントロールすることを今日も続けたいと思います。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。

リチャード・バンドラーの関連記事
リチャード・バンドラーの関連記事②
リチャード・バンドラーの関連記事③

Loading Facebook Comments ...

コメント