出版のための10のステップ。ブログから出版につなげるソーシャルおじさん的メッソド

みなさんはどういう人生を選択しますか?
決めたことをやり続けますか?
それとも進むのをやめますか?
何かを決断したなら、結局はこの2つしか選択肢はないのですが
最近では、このブログのおかげで、私はやり続けることを選べるようになりました。
スクリーンショット 2015-05-11 13.44.17
私がブログを書こうと思った時のは、今から4年前の遅いデビューでした。
人生を変えるタイミングは今しかないと考え
ラストチャンスだと思ってこのブログを書き始めました。
広告会社という古いビジネスモデルだけにしがみついていると
やがて、大変なことになると考え
パーソナルブランディングの一環として、ブログを書き始めたのです。

47歳からのブログスタートになったので、失敗は許されませんでした。
一度やめたら、二度と書けなくなると思い、毎日更新を義務付けたのです。
他のブロガーに比べると、スタートが遅かったので
存在感を出すために、まずは量で勝負しようとしたのです。
また、なるべく朝早めに更新し、他の業務に影響を及ぼさないようにしました

これが私にとっては、よい結果をもたらしてくれました。
最初は、書くのが辛かったブログが、書き続けるうちに楽しくなってきたのです。
このブログのおかげで、過去の自分とは異なるアウトプット型の人生を
生きられるようになったのです。
また、朝からブログを書くおじさん、継続力、習慣力のあるおじさんだと
周りの人が私のイメージを勝手に作り上げてくれたおかげで
私は習慣化の記事を書くようになり
昨年、ついに5冊目の書籍のiPhoneアプリ習慣術を出版できました。
夢だった習慣化の書籍をブログ経由で出版できたのです!!

もし、私が過去のビジネスに囚われていたら、ブログなど始めなかったはずです。
未来への期待を持って、ブログを毎日書き続けることで
私は定期的に出版ができるようになったのです。
雨垂れ石を穿つ(うがつ)」のマインドでコツコツとブログを書いてきたおかげで
何人もの編集者さんのサポートを受けられ、定期的に出版ができるようになったのです。
私のような50代のおじさんの小さな力でも
根気よく続けていれば、いつかは成果が得られるのです!
若い世代の方も絶対に出版できますから、諦めずにアウトプットを継続してください。

もし、あなたが出版したいのなら
以下の10のステップで進めると夢が叶う可能性が高いです。
目標達成のためには、行動あるのみ!だと思います。

■自分の出したい本の種類を決める。
■本の表紙などデザインやタイトルをイメージする。
■そのイメージに沿ったブログを毎日更新する。
■ソーシャルメディアでブログを紹介する。
■人からのフィードバックを大切にする。
■ブロガーやインフルエンサーと交流する。
■著者の友達を作る。
■編集者との関係を作る。
■いつでも企画を考え、編集者に提案する。
■本を出したいという夢を宣言する!

まずは、出版をすると決めて、そのイメージを潜在意識に刷り込んでください。
本のイメージをビジュアルボードにして、毎日見続けるのです。
あとは書いて、書いて、書きまくりましょう!
これで誰かに見つけてもらえるようになります。
また、夢を仲間に話したり、ソーシャルメディアで宣言すれば
面白い話が引き寄せられるようになるのです。

本を書いている著者に会って相談するのも良いでしょう。
著者の編集者さんを紹介してもらうのもありだと思います。
会って話してみれば、夢の実現に一歩近づきます。
編集者さんとのやりとりから、必ずチャンスが訪れますから
チャンスをものにするために、ひたすら書き続けましょう!

行動、アウトプット、人脈の最大化を図ることが
夢の実現を早めてくれるはずです!
今日もお読みいただき、ありがとうございました!
  

photo credit: via photopin (license)

 

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化生産性向上その他ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント