つらいことに感謝すると良いことが起こるのは本当か?Gの法則―感謝できる人は幸せになれる(ロバート・A.エモンズ著)

習慣化

金持ちになる方法を短い時間で教えるのは難しい。しかし、リッチな気分になる方法ならお伝えできます。しかも、それは金持ちになるよりずっとすてきなことです。私の実体験からお話ししましょう。感謝するのです。それこそが手早くリッチになるための、唯一の完全に信頼できる方法なのです。 (ベン・スタイン)

スクリーンショット 2015-05-30 13.10.57
Gの法則―感謝できる人は幸せになれる
ロバート・A.エモンズ
著)の中の
ベン・スタインの言葉を読むと、いつも笑顔を取り戻せます。
幸せになるためのもっとも簡単な方法は
感謝することだというルールを知っていれば
人生をより、楽しくハッピーにできるのです。

今朝も近所をウォーキングをしている時に
きれいなお庭を見つけることができました。
美しい紫陽花やラベンダーを見るだけで、幸せになれるのですが
同時にお花と庭の手入れをしているご主人にも感謝をしてみました。
知らない方には心の中で「ありがとう!」と呟くだけなおですが
これだけで私の幸せ指数は一気に上がり、笑顔になれるのです。
朝のウォーキングはセロトニンを分泌させてくれますから
ただでさえ、脳をワクワクさせてくれますが
歩く時に感謝の習慣を取り入れれれば、脳はよりハッピーになるのです!

また、感謝はネガティブな感情をポジティブに変えてくれます。

 成人男性の長寿研究において、ハーバード大学の心理学者ジョージ・ヴァイヨンは、人生での成熟した適応の鍵は、感謝と受容をもって悪意を実行する苦痛や憤りを取り替える能力であるという理論を打ち立てました。ヴァイヨンによると、「成熟した人は人生、生活、経験への感謝を身につけ、取り入れ、感じる頭脳をもち、その能力を成長させることで、さまざまなものから身を守る」のです。感謝は、自己破壊的な感情を癒しと復元をゆるすものに変えることによって、この創造的な過程の本質的部分となります。

感謝の習慣を持つことにって、私たちは周りから
絶えず良いものを見つけようとします。
私も本書で推奨されている感謝日記を書くことで
日々、私の周囲で起こったよいことを見つけられるようになりました。
意識して毎日の生活を振り返れば、思った以上に多くの人から
もらいものをしていることがわかります。
気持ちのよい挨拶や元気になる笑顔、おいしいお茶や料理など
毎日自分がもらっているモノを数えるようになれば
いかに自分が満ち足りているかが、よくわかるようになります。

感謝する気質の人は、現状のよいものを見るいっぼう、悪いものにさほど気づかない傾向があります。感謝という美徳をもつ人は、苦しい環境で自分が成長することに感謝するようになります。悲劇を何かのチャンスに変えてしまうのと同様に、感謝する人は、過去の傷から癒され、人生に対していつも新鮮で前向きな気持ちをもち、将来を楽しみにするようになるのです。

著者のロバート・A.エモンズの言葉は響きます。
「感謝という美徳をもつ人は、苦しい環境で自分が成長することに感謝するようになります。」
つらいことも未来をよくするために、神様が与えてくれたモノと考えられれば
感謝の気持ちを持てるようになります。
また、悲劇を次のチャンスにつなげることで
良いことを起こせるようになり、人生をを楽しくできるのです。
本書にはつらいことに感謝することの素晴らしさを
教えてくれるケーススタディが数多く紹介されていますので
ぜひ、ご一読ください。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

   

Loading Facebook Comments ...

コメント