MacFanで新しい連載(APPLE LIFE 読む)を始めました!

Apple

MacFan 2015年08月号から、新しい連載を始めました。
今までは、iPadのアプリの連載をしていたのですが
今回からなんと書評を担当させていただくことになりました。
スクリーンショット 2015-06-29 8.11.23

雑誌で書評を書くことが一つの目標だったので、お話をいただいた時に
即決でOKのお返事をさせていただきました。
編集長が前から、私の書評が面白いと言ってくれていたので
とてもうれしかったのですが、まさか書評で連載がもらえるとは
思ってもいなかったので、とても嬉しかったです。
このブログを書き続けたことで、また、夢が叶いました。

MacFanで書評?という感じで、最初は違和感を感じましたが
APPL LIFEというMacをより楽しむための新しいコーナーだとわかり
Macユーザーに役立つ本を探しを始めました。

一回目の書評は「昼間の会社はフードプロッセサなのか?」というタイトルで
強いチームはオフィスを捨てる」(ジェイソン・フリード著)を紹介しました。
この本は何度かこのブログにも書いていますが、私たちにノマドで働く価値を教えてくれます。
気分がのらなかたっり、集中できない時に、無理してオフィスで働くよりは
自分の好きなカフェで、仕事をした方がはるかに生産性は上がります。

また、電話や突然の訪問など、オフィスにいると邪魔が入りがちです。
会社で集中する時間を確保するのは、なかなか難しく
以下のような対策を私は心がけています。
■朝早く出社する。
■会議室にこもる。
これらの対策が取れない場合は、思い切って外に出てみましょう。
オフィスで時間を細切れにされれば、自分のタスクは終わりません。
タスクの終了がゴールなのですから、手段を選ぶのです。
意識を変えて、もっとも重要なタスクを一つ選び、デッドラインを決め
集中できる居心地のよいカフェや図書館に移動してしまうのです。
タスクとデットラインを決めたら、あとはアクションするだけで
他のことには一切手を出さないことがポイントになります。
せっかく、集中できる場所に移動したのですから
Facebookや電話に気を取られないようにして
そのタスクを完成させることを優先してみましょう。

最近ではBeezのようなWifiが使える電源カフェも増えています。
そういったカフェでは、やる気のあるスタートアップのメンバーや
ビジネスマンが集中して、仕事をしています。
彼らのやる気を自分にチャージして、一気に仕事を仕上げれば
思った以上に早い時間で、タスクを終わらせられます。
人に邪魔されないと、本当に仕事ははかどります。

また、アイデア出しの際にも、私はカフェを使います。
外出する時は早めに現地に向かって
気持ちをあげられそうなカフェに入りましょう。
そこにいる人たちや店の空気感から、五感が刺激され
面白いアイデアが浮かんでくることが多いのです。
偶然手に取った雑誌や新聞から、探していた情報をもらえたりもします。
いつもと同じ行動をするのではなく、ちょっと違った場所に行くことで
脳はいろいろな情報を見つけてくれます。
脳がアクティブに動く中で、突然アイデアがひらめくことが私の場合は多く
そういった意味でも、できるだけ会社の外に出ようと思うのです。

仕事に集中したり、アイデアを生み出したい時には
MacやiPadをカバンに入れて集中できる場所に移動しましょう。
ちょっとした変化を心がければ、いつもと違う結果が
あなたにもたらされるはずです。
書籍の詳細は今月号のMacFanをごらんください。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
   

 

Loading Facebook Comments ...

コメント