レジリエンスとデフォルトモードネットワーク(DMN)について、考えてみた!

習慣化

怠け者のようで、少し後ろめたい気持ちにもなるが、ぼんやりとした時間を持つことがこころの健康に大切だということが、脳科学研究からわかってきている。脳神経学者が「デフォルトモードネットワーク」と表現しているが、何もしていない時間でも脳は活発に動いている。積極的に考えたり行動したりしていたときに取り込んだ情報をまとめて整理しているのだ。(大野裕)

スクリーンショット 2016-06-12 12.16.27
「こころの力」の育て方―レジリエンスを引き出す考え方のコツ
で有名な
認知行動療法研修センターの大野裕氏の
日経新聞のこころの健康学という連載を毎週楽しみにしています。
私たちはとても優れた「こころの力」を持っていると大野氏は言います。
しかし、もったいないことに大部分の人たちは
この「こころの力」を意識して使えていません。
そのため、私たちはつまづいてしまったり
逆境に置かれたときに、へこたれ、すぐにあきらめてしまうのです。
大野氏は、レジリエンス(逆境から立ち直る力)を鍛えることで
自信を持って生きられるようになると「こころの力」の育て方で書いています。

「こころの力」の育て方 [ 大野裕(精神科医) ]
価格:1404円(税込、送料無料)

人はいつも頑張っているだけでは、脳も体も疲れてしまいます。
こんな状態で働いても、生産性は上がりませんし、逆に、失敗する可能性が高まります。
時には遠回りをしたり、待つことも大事ですし
大野氏の冒頭の言葉のように、焦らずにしっかりと休むことも必要なのです。
いつも忙しい人は、ぼんやりとした時間を持つことで、脳の力を引き出せます。
「デフォルトモードネットワーク」(DMN)の力を活用して、脳に新たな発見をさせるのです。
デフォルトモードネットワークは、脳がアイドリング状態の時に活性化します。
過去の様々な感情や記憶をつなぎ合わせることで、新しいアイデアが生まれるようになります。

その意味では、作業の成果を上げるためには上手に休憩時間を取ることが大切だ。働きづめだと現実に柔軟な目を向けながら対応するのが難しくなる。状況に即した適切な判断や、先を読むことができなくなる。

能力のある人や責任感のある人は、ついつい全力で走りすぎてしまいます。
いくら力があってもエネルギーが切れたら、そこでお終いですから
力をセーブしたり、ゆとりを持って対処するようにしましょう。
休憩時間を持たないと判断力が弱まり、間違った選択をしがちです。
いつでもよい選択をして、未来を明るくするために
私たちは脳を休ませたり、あえてぼんやりする時間を持つべきなのです。 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

photo credit: cuore_di_nuvole via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント